たかはし

天使と悪魔のたかはしのレビュー・感想・評価

天使と悪魔(2009年製作の映画)
3.8
ローマ教皇が死去、新教皇選出のためコンクラーベが行われることになるが、何者かに4人の枢機卿が誘拐される。脅迫ビデオには「バチカンは光に包まれる」という、カトリック教会と対立してきた秘密結社イルミナティの古くからの脅迫文句。宗教象徴学者のロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は捜査を依頼される。

宗教と謎解き。ここまでスリリングでクールに宗教を語れるのか、という驚き。中学生のとき劇場で観たけど、そのときはもう興奮しっぱなしだった。

あと大学生のときイタリア語の授業を二年間取ってたけど、単語レベルだとしても映画に出てくる言葉がわかるのは楽しい。Piazza del Popolo(ポポロ広場)←piazza「広場」(語尾が-aだから女性名詞)+del=di(前置詞=of)+il(男性単数名詞につく冠詞=the)+Popolo「ポーポロ」(語尾が-oだから男性名詞)、みたいな!

イタリア、行きたい! ということで、三年以内にローマに一人旅しに行くと決めた138分でもあった。