miumiu

天使と悪魔のmiumiuのレビュー・感想・評価

天使と悪魔(2009年製作の映画)
4.1
宗教と科学の対立。
ローマ教皇の死を受けて新教皇の選抜を行うコンクラーベを行うヴァチカン。その中で新教皇候補の枢機卿4名が誘拐され、科学を拠り所とする秘密結社イルミナティから殺害予告が届く。事件の謎と、イルミナティに奪われバチカンを破滅に導きかねない「反物質」の行方を追うラングドン教授。

前作『ダ・ヴィンチ・コード』に続き宗教色の強いミステリ。違いは殺害予告に時間的な制約があるゆえのテンポの良さ。まるで『24』を見てるかのようなドキドキ感!
ユアン・マクレガーとステラン・スカルスガルドが好きだから、キャストも満足。



ここからはちょっとネタバレですが、(ちょっとでもネタバレNGの方は読まないで)

ヴァチカンで結構な事件が起きて重要人物が死んでいるのに、ラストそれがなかったことにされている(隠蔽されている)ことに「宗教怖ッ…!」と思いました。政治の世界でも同じようなことが起きてそう。怖い。