tonga

コーダ あいのうたのtongaのレビュー・感想・評価

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)
4.8
大好きな映画がまたひとつ増えました。
主人公ルビー(エミリア・ジョーンズ)の優しい歌声に包まれて、もうすぐ春が訪れるのを感じられます。
映画館を出て冷たい風にあたっても、暖かです。

掛ける言葉は強めだけど、陽気で優しい家族。
みんなの個性が強烈で、面白い!
お兄ちゃんは、映画Sing streetの兄ちゃんみたくカッコイイ!
家族の話と合わせて、teenagerの恋バナもあります。
ルビーの恋の相手は、Sing streetの主役のフェルディア君。甘いマスクと声はまだまだ健在。
決してブィランと戦う若い2人ではありませんが、2人の恋の様子がいじらしいような、微笑ましくて楽しいです。
湖に浮かぶ丸太のシーンが最高です。

そして音楽の先生が素敵でした。ルビーに対して厳しい態度で接しますが、それは彼女への期待と愛情があるからこそ。
映画では、気持ちが熱くなるシーンは盛りだくさんです。
耳が聴こえないお父さんとお母さんが、ルビーの歌声の素晴らしさに気付くシーンは、涙粒が必須です。
お笑いパートもたくさんですし、きっとhappyになれる映画です。
っと、早速サントラをダウンロードしました。
公開日にもう一回観たいです。