ヴレア

そして、バトンは渡されたのヴレアのレビュー・感想・評価

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)
3.2
事前に原作を読んでから鑑賞。
既にキャストを知った上で原作読むと完全にその俳優で脳内展開されるのあるあるですよね?

細かな変更点と最後の方に大きな変更点はあれど基本的には原作に忠実なので良かったとは思う。
邦画にありがちな大袈裟な演出も無いし、終始淡々と展開されているのは好印象だった。なのに何故かあまり心揺さぶられるという事は無かった。
原作小説では少し泣いてしまったけど、映画では1ミリも泣くことも無かった。
それは何故なのだろうか?
たぶん、小説では主人公の心情が細かく描写されていて感情移入しやすいのに対して、映像だとどうしても台詞と表情などから読み取るしか無くて、そこは映像という媒体の弱点でもあり、俳優の腕の見せ所だろう。
主演の永野芽郁と田中圭辺りは本当に原作通りだなと感じられたが、石原さとみがどうしても石原さとみ感を全面に出している気がしたし、早瀬役の人はイメージと違ったしあまり魅力を感じられなくて盛り上がりに欠けた。
また、あまりにも長い上にそこまで劇的な事が起こる訳でもないので人によっては退屈かもしれない。