りょーこ

ダイナソ―・ワールドのりょーこのレビュー・感想・評価

ダイナソ―・ワールド(2020年製作の映画)
1.5
悪くはなかった『グレムリン2017』監督によるVRゲーム・サバイバル映画 from チャイナ

『ジュラシック・パーク』からパクったのか、恐竜CGは悪くはなかったです(笑)
背景との合成は下手くそでしたがw

フジモン似の我等がシン・ユー兄貴が出ているのは救い☆
強いしイイおっさんでした(〃ω〃)

が、半数が欧米人なのに、わざわざ中国語吹替にしなくても良いのにね。
まあ中国さんはいつもアフレコだけど。



天才ゲームデザイナー・ラッセルが作った最新VRゲーム"ダイナソー・ワールド"。

製作会社は20名のテスターを募集、4時間生き残った者には賞金500万元を与えるという。

テスターたちは恐竜のいる世界をリアルに感じ取れるゲームで、生き残りをかけて戦い抜くのだが……



いくら最新のVRだとしても無理があるだろ。。。
これなら普通に無人島サバイバル作品にでもすれば良かったのに。

あれこれ矛盾を感じてしまって集中出来なかった。

キャラクタもシン・ユー以外、誰一人応援出来ない微妙さ、特徴もない。

敢えて羅列するなら……

少年
ハゲ
貧相ブスビッチ

あと草食系数人と格闘系数人

くらい(笑)?

顔も身体も貧相なのに偽乳だけ強調したブスビッチが滅茶苦茶ウザかったなぁ~

あ、このババアはまあまあ特徴あるww

ゲーム要素がたまに思い出したように出てくるのは惜しい。

撮ってる最中に現地で『ジュマンジ:ネクストレベル』公開になったのかな?って挿入感(笑)

そんな感じで、やっぱり映画は三國志だけでいいんじゃない?中国さん。
て思いました。