カツセマサヒコ

草の響きのカツセマサヒコのレビュー・感想・評価

草の響き(2021年製作の映画)
3.6
佐藤泰志ファンとして見に行かなくては!と試写いってまいりました。この作品と『ボクたちは〜』で東出さんの第二章が始まった!と言える日が来る気がする。まさに全身で役に入り切る、迫真の演技。寂しくて冷たくて切ない、でも弱く降り注ぐ函館の光がちいさな希望を見せてくれる。決して派手ではないし、明るい話でもないのです。でもそういう、個人が葛藤し、迷う物語が、いまの時代にこそ必要なのだと感じるこの頃です。ひとり疲れ切ったときに観る、それが正解な気がしました。