ヒロ吉

降霊会 ー血塗られた女子寮ーのヒロ吉のレビュー・感想・評価

3.0
DVDにて字幕観賞。

あらすじは全寮制の女子校エデルヴァイン高校。
そこへカミールが転校してくる。
早速スクールカースト上位の子達に目を付けられるカミール。
その子達に誘われ、過去にエデルヴァイン高校で自殺した生徒の霊を呼び出すことに。
しかしそれ以降、降霊会に関わった者達が1人1人と何者かに殺されていく…
エデルヴァイン高校の霊によるものか…?というもの。

『サプライズ』『ザ・ゲスト』で脚本を担当していたサイモン・バレット初の長編監督作品!
アダム・ウィンガードは製作総指揮を担当しているよ!

ガッツリとしたオカルトホラー物かと思いきや…?あっ、そっちに転ぶのねと思った。
嫌いではないオチではあるけれども、展開がちょっと地味過ぎ。
高校、寮生活ともっと華があっても良いんじゃない?
キラキラJK感が皆無。
何か陰気な北欧映画観てる気分になった。

クライマックスのカミールとのタイマンシーンはやられるたらやり返す精神が感じられて好きやけども。
時折あるほんのちょいグロな血質も良き。
あるお方のラストはざまぁーな気持ちになって大爆笑!🤣笑

全体的に地味ではあるけれど、丁寧な語り口で作られた一作。
ただ『サプライズ』みたいな景気の良さはない…
嫌いではないけどね🥺