かそけきサンカヨウの作品情報・感想・評価

「かそけきサンカヨウ」に投稿された感想・評価

みんなテレビやスマホに気を取られず、ちゃんと向かい合ってしっかりと話す。
会話のシーンはカット少なくたっぷりの間と尺がある。
自分ができていないからかもしれないが、そんな真摯で丁寧なコミュニケーションの姿勢に好感をおぼえた。
子役(主人公の幼少期と幼い妹)の自然な演技もよかった。
主演の志田彩良の静かな所作が美しい。

このレビューはネタバレを含みます

良かったな。幽けきも良いし。
バスケコートのシーンが1番良かった。ボール転がってる中で、コートにいる人と、その奥に突っ立ってる人がいるって構図がなんとなく好きだった。

人生で1番古い記憶、個人的にマジで思い浮かばんな。サンカヨウの話を母の背中で聞く描写があるけど、それを明確に口で言う前に何かするために途切れるって良いし。

りく君がお母さんと話していて、お婆ちゃんとの関係性が不公平に見えるけど、実は過去の共有された経験と想いがあって、根底には信頼の関係性が生まれているってマジで素敵だし、そのシーンが特に泣けた。

家族って1つのテーマとして置かれたけど、そこにはある程度はどんなことでも侵し切れない領域とか関係性が社会的に生まれていて、それに捕われてる自分達が持ちえる感情の存在もあることに気付かされた。とりあえず自分の母親とか祖母に対する想いは直接的に立ち現れた。

いろいろあって観る前の映画館に向かう道中は超暗い気持ちになっていたけど、映画みて、落ち着く暖かみのある感情になりました。
もつお

もつおの感想・評価

2.0
真面目な映画。
出てくる女の子がみんな可愛い。
エンディングのバズり山ソウシ君の歌が良かった。
途中、後ろで観てるオッサンが爆音でクシャミしたから心臓止まるかと思った。

#オッサンのクシャミ
せっかく公開2日目の舞台挨拶付き上映会に参加したのに今頃感想書くとは…
志田沙良さんめちゃくちゃ美人でした

なんだろう、やっぱ今泉監督作品は、なんか良いんだよね!

それでいて、なんとなくmellowのような感じも好き!

陽ちゃんがいい子すぎる😊
ほね

ほねの感想・評価

4.0
そういえば味が濃いって親に言ったことない
自分史上一番古い記憶?

今泉監督ってことで、初日に劇場に直行。
とても優しい作品で、やっぱり好きな感じだったので満足。

父親とずっと2人で暮らしてきた高校生の女の子。
母親がいないので家の家事をテキパキこなさなければならない。
同級生よりも大人にならざるを得なかった彼女だったが、ある日、父親が再婚して生活が一変するストーリー。

突然の新しいお母さん。
突然の新しい妹。
しなくてもよくなった家事。
実の母親の存在。

それらを戸惑いながらも受け入れて、大人になっていく様子が丁寧に描かれる。

そして、出てくるんじゃないかと思っていたワンカット長回し会話がやっぱり差し込まれていた。
今回は父と娘の心と心をぶつけ合う魂の会話劇。
そのシーンは必然的により引き込まれて観てしまう。
(パンフによると、1発で撮り終えたらしい)

また、今作では主人公の少女と同じぐらい重要な役どころがもう1人。
主人公の同級生で、また想いを寄せる相手でもある男の子。
その彼が序盤で発した「自分史上一番古い記憶って何?」というセリフ。

これを聞いた瞬間に自分も記憶を辿ってみた。

…うーん。

なかなか思い出せない。

ようやく思い出せたのが、幼稚園でクラスメイトの男子が泣きながら何かをジャイアントスイングしていた場面。

くっ…。
何を持ってスイングしていたのかめちゃくちゃ気になる😂

…。

かなり脱線したけど、今作の今泉監督作品も素晴らしかった。
今回もハズレを引かず。
時間があれば過去作を漁ってみたい。

”かそけきサンカヨウ”
…幽き山荷葉ってこと?🤔
映画全体の雰囲気が好き。
サンカヨウは、花の名前だったのか。
見た目も、花の色が透明に近づいていくという生態も、可憐な感じ。

志田彩良さん、初めて知ったけどいい演技だった。

登場人物(陸くんと美子さん)は、他人の繊細なことをベラベラ喋りすぎなんじゃないかなあと気になった。笑
muke

mukeの感想・評価

1.0
過去一つまらん映画だった申し訳ない
365日ずっと映画を撮ってるのではないか?と感じる異例のペースで、公開された今泉監督の新作。

前情報なしで今泉作品というだけで観に行ったため、タイトル意味不明だったが、映画を観て理解した次第。

・長回し
・やたらと同じ画角の中で人が向き合う
といった、今泉監督の特徴は今作でも顕著。

あと今作は、家族ものだからか、メシ食うシーンが多かった。
(映画の伏線にもなってましたが)

「好きな人には、思ってること言えない」
「言いすぎることは愛情の裏返し」
という、二人の登場人物が語るそれぞれの言葉が真逆で、どちらも正解なのだろうと思う。実際そんな内容だったし。

公開作が多すぎて全部観てる訳ではないが、自分が観た今泉作品の中では(いまのところ)ベスト作。
志田彩良ちゃんと鈴鹿央士くんを観に。
今泉監督作品。もう完全に今泉ワールドの虜です。

家族や友達の人間関係の部分を優しく、温かく描かれていてとても心地よかった。
「陽を大人にさせてしまったのはお父さんのせいなのかもしれない」というセリフにはかなり同情した。間違いなくお父さんのせいだよ。
mellowでも思ったけど、彩良ちゃんの制服姿が上品できれいですごく好き。萌え。
鈴鹿央士くんはこれからどんどん有名になっていくね。

おれの1番古い記憶はなんだろうな〜
>|

あなたにおすすめの記事