屋敷女 ノーカット 完全版の作品情報・感想・評価

「屋敷女 ノーカット 完全版」に投稿された感想・評価

妊婦がハサミを持ったヤバい女に襲われるクリスマス・イブの惨劇を描いた、フランス発🇫🇷のスプラッターホラー。

2007年に日本でも劇場公開された本作品ですが、残虐すぎる場面が多いため、R-18​指定でありながらもモザイクがつくなどの修正があるほどの問題作。フレンチホラー四天王の1つ。

本作品が俺が住んでいる静岡県では公開している劇場が1館もないため、わざわざ静岡から東京まで行って見てきました。そこまでして、映画を見に行く自分自身が1番のホラー😂

本作品は超閲覧注意レベルのゴア描写に目がいきがちですが、前半の妊婦の孤独そうな生活をサスペンス的に描いていることにより観客をどんどん不安にさせていくというテクニックがすごいですよ…。

で、ホラー映画のあるあるですが助けに来てくれた警官や家族はすぐに死ぬというお約束が本作品でも出てきます。あるあるだなと分かりつつも怖いです。やはりハサミ女を演じた女優ベアトリス・ダルの演技力がリアルだからなのでしょうか…😱

さらに猫派の俺に追い討ちをかけるかのようにハサミ女が黒猫を殺してしまいます。なので精神的ダメージを大きく食らいました。そして終盤では妊婦がハサミ女にあることをされる伝説の名シーンがあり、妊婦又は女性でもない俺でさえもキツい!

それにしてもフレンチホラーはグロいのになぜか美的センスを感じます!特にぶつかり合う執念深い2人の女性が返り血で服がどんどん黒くなっていくというアーティスティックさも完璧!

もう、何も言うことがないぐらいの傑作ホラーでした!本作品を他の人にオススメしたいところですが、道徳的にアレなので気になった方は自己責任で視聴してください😨

🐈‍⬛✂️🤰👶

※暗闇の中でタバコを吸うハサミ女がヤバい🚬
neko

nekoの感想・評価

4.0
全然朝来ないじゃ〜ん😭
お、キタキタキタキター!って
笑っちゃうくらいな畳みかけの展開で
でも痛々しいだけではなく、深く、悲しく、
色んな要素(演出、効果音、俳優、脚本)が合わさってて、もうひと振り違えばB級のようになるギリギリさの中に、でもそれをも吹っ飛ばすものを感じ、
思ったことは違う深い作品で面白かったです。
いや、結構面白かった…
これはグロすぎる😱
後半グロのオンパレード
ムカデ人間はグロ+汚いだけどこれはグロに全振りしてる
YukiHomma

YukiHommaの感想・評価

4.0
やばいと言われているフランスのクリスマスホラー。

クリスマスイブの夜、出産を明日に控えた女性の家に黒尽くめの女が電話を貸してくれと訪ねてくる。ドア越しに帰ってもらうよう説得するが…。

母性の暴走、と言っていいだろう。
妊婦がデッケエはさみを持った怪しい女に襲われるっていうとにかく心臓に悪い映画でした。と同時に何故か胸が痛くて泣けてしまうというまさにフレンチホラーを代表するに相応しい。

R18だからまあそこそこグロいけど正直もっとグロいと思ってた。
さと

さとの感想・評価

3.3
フランスがヤバい国に思えてきてしょうがない。芸術の為なら多少の倫理観はどうでもいいっしょ!!な過激さ。
4大フレンチホラー?の一つらしく、観れた事には満足してるけど、他のも観たいとは思わないな〜〜、ただ、扱われてる題材だけにスプラッタでは無いでの、怖いもの見たさはあるけどだらだら痛そうな作品は嫌!という方におススメ(妊婦さんは観ないで😡)
ヒチ

ヒチの感想・評価

3.0
母性が孕む狂気っていう昔ながらのテーマを、母性vs母性という構図に持ち込んでエンタメとして消化させた意欲作。家に得体の知れない何者かが侵入してくるというシンプルかつ強力な設定を延々とやっていて楽しい。家に侵入してきた後も浴室に閉じこもることによってもう一つ「壁」を作り緊張感を持続させているのが巧み。血を血で洗う攻防戦の後に生まれた奇妙な連帯とその果ての展開の虚しさ。
Ami

Amiの感想・評価

3.6
血!血!血!とにかく血!
ストーリーはあるあるだったけどいやーーーグロかった🤮
クライマックスの突然のたたみかけもすごい🤮
赤ちゃんの状況を映すシーンとカメラのフラッシュで死体を照らすシーンなんかグッときた(?)
死ぬまでに観てみたかった一本!🙏🏻
>|

あなたにおすすめの記事