どーもキューブ

不安のどーもキューブのレビュー・感想・評価

不安(1954年製作の映画)
3.7
バーグマンの不安なラブ


 2010年7月9日 18時24分

 

1954年作品、監督ロベルトロッセリーニ。

妻であったイングリットバーグマンを主演に迎えたロッセリーニの「愛の三部作」。 

その第三弾になります。「ストロンボリ」(未見)。

「イタリア旅行」では、夫婦の気持ちの揺らぎを表現しています。嫌いを抱えた男女関係。旅行を通じて不仲を引っ張る、マイナスなラブ模様を描いています。

ヌーヴェルヴァーグ最大のボス、今年新作も発表したジャンリュックゴダールの革新作、「勝手にしやがれ」、ゴダールは、「イタリア旅行」をかなり意識したそうです。

確かに男女の旅行という点では、似ています。

そんな第三弾が「不安」です。IVCさんのビデオ鑑賞でした。



なかなかの作品でした。

ロッセリーニの「ラブ」は、なぜにこんなに
「不穏で」
「こそこそ」していて、
もどかしい男女関係ばかりみせるのでしょうか?

撮影当時の夫婦関係って大丈夫だったんだろうか?
とこちらが心配しちゃいます。


ただ言える事は、

普通の「ラブストーリー」ではないっ

ていうことです。

物語は、不倫中のイングリットバーグマン。夫は硬そうな年上、大学の研究者。ある日、不倫中の彼氏の元彼女が、バーグマンに出会います。そこでたかり(金銭要求)がおきてしまいます。旦那には、不倫がばれまいとつくろう。図に乗る女、、。ですが、それにはある秘密がありました。

さて、結末は?

淡々とした夫婦の不和をつづるロッセリーニ。

イングリットバーグマンのたえず、
不安げな表情、
浮かない顔、
うそをついた時の切ないこころの表情が、

バーグマンを通じて見えてきます。

我々は、バーグマンの悩む姿、
嘘の不安を抱えながら、物語をさまよい、うつらうつらドラマは進んできます。

夫の勘ぐり、言動は、我々観客に対して疑いを向けているようです。

浸透した不安なもどかしいイングリットバーグマンへの同情をまるで、問いただしているかのようです。

そしてラスト付近の種あかし、唐突な幕切れ、、。

ロッセリーニの「イタリア旅行」もそうでしたが、幕切れは突然にやってきます。

それは、我々観客が抱いていたバーグマンへの「不安」を断ち切るかのようです。

そして、ますます、気持ちは澱んでいきます。

ラブラブな描写を封印し、夫婦の不和、不仲の中に人間性の「マイナス」なドラマを魅せるロッセリーニ。

わざわざ求愛してやってきたイングリットバーグマンに酷い仕打ちをしているようです。

ハードなハードルを与えてやらせているかのような印象にも見えます。

ロッセリーニ組の時は、一切他の映画の仕事をバーグマンに断らせていたそうです。

そんな愛の三部作最終章、「不安」が横行する、夫婦のマイナスな擦り付け合い。
 
見えない「嫌い」のやり取り。不安の行方は、どこにいく。

バーグマンの不安なラブの結末とは?

ぜひご覧ください。

追伸「ストロンボリ」も近日レビューいたします。ロッセリーニは、やはりすごい作家です、間違いありません。