ゆきひろ

デス・レースのゆきひろのレビュー・感想・評価

デス・レース(2008年製作の映画)
2.6
2回目の鑑賞…久し振りです。
こういった映画はマジマジとTVで観るものじゃない!
真剣に観すぎました…
近所での忘年会が17時からで終わったのが23 時。
飲みに出掛けたら朝まで男のオヤジには酒の量が足りなかったのかもしれません( ノД`)…

2012 年アメリカ経済は崩壊、失業者が増加し犯罪者が増えた為に刑務所の収容力は限界に達した。

実にもっともらしい事が字幕で説明されます。その後も続きます…

民間企業が営利目的ですべての刑務所が運営されている。
ターミナル島刑務所は金網ファイトをネット中継。
その結果囚人達の死闘は大人気に…
ターミナル島は現代版グラディエーター達のコロッセオなった。
だが、古代ローマ同様、観衆はすぐに飽きさらなる刺激を要求…
こうして[デスレース]が誕生した。

なるほどね…
もっともらしいけど順序が逆なんではないだろうか?
死闘は単純だが究極のショーだと思いますがσ(^_^;)?
それがカーレースだなんて…
少々のグロシーンがあったところで、人がやってるマリオカートのゲームをプレーもせずに横で覗き込んでいるのと同じようなものです。
そんな物が面白いはずはない!
観衆は一回観たら飽きるはず(-_-;)

それに、この作品のオチはどうしようもない…
私は可愛い子供なんて見たくはなかった。

ラストに再登場するお姉ちゃんの乳さえ拝めれば、何の文句もなく穏やかに見終える事ができたのに残念です・゜゜(ノД`)