のんchan

復讐者たちののんchanのレビュー・感想・評価

復讐者たち(2020年製作の映画)
3.6
ホロコーストを生き延びたユダヤ人によるドイツへの壮絶な復讐計画『Plan A(原題)』があった。
その知られざる史実に基づいた衝撃的なサスペンス❗️

ジャケットの暗さの通り、終始、灯りや光のほぼない様な状況の中で映し出されている。

マックスは強制収容所で妻子と離ればなれになり、行方を追って難民キャンプに辿り着き、妻子がナチスに殺されたことを知る。
第二次世界大戦中、ユダヤ人はナチス・ドイツに600万人を虐殺され、生き残ったユダヤ人は家族や大事な人を失った。

そんな中、秘かに報復しようとしていた集団がいることを知ったマックスは仲間に入りたいと志願する。ただ、同じく復讐しようとする者は他にもいて、事態が思わぬ方向へ進んでいく...

辛い物語だが、ラストにアッと驚く展開になる😮
Plan Aと言うのには、他にもあったのか?など、史実ということでより説得力があり、絶望だけでなく希望も描いている点では救われる。


テーマが復讐なので、観る者の価値観・人間観によって、感想は変わるだろうな🤔と観終えて感じ入りました。