復讐者たちに投稿された感想・評価 - 4ページ目

『復讐者たち』に投稿された感想・評価

pomzo

pomzoの感想・評価

3.5
「目には目を」
この作品でも出たワードだ

戦争からは負の連鎖しか生まない
こんな計画があった事は知らなかった
復讐の在り方もそれぞれで、主人公の背景においてラストの決断も勇気のいる事だと思った
ami

amiの感想・評価

3.5
《WOWOW》

“いい人生を送ること
それが僕の復讐だ”
short

shortの感想・評価

3.5
実話ベースだそう
こんな計画があったとは知らなかった!
プランAという。

主人公達による、ドイツ人達は我々の悲劇を見て知っていたが、傍観していた
という怨みが呟かれる。
逆の立場であれば、さぞかし恨みがましく思えるはず!辛くて悲しくてムカついて、きっとまともに対面できないはず。
お前たちドイツ人、分かっとったのになんにもしなかったじゃないか、私たちをこんなに苦しめたのは、私の家族を殺したのは、お前らだ!って気持ちになると思う!
(日本も同じ立場だったことを忘れないようにしないといけない)

戦争がなければ、虐殺がなければ全然違う生涯を送っていたはずの人達。
あらためて戦争がもたらす悲劇を思う。


以下ネタバレ⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎



























ホロコーストの映画って沢山見たけど
やっぱり実話ものを見たいと思うようになった。
この作品も、プランAという恐ろしい計画があったことを知って、びっくりしたけれども、その団体の存在も知らなかったから、二重にびっくりした。
たしかに復讐したくなるよなと思う。
でも、組織的な復讐者たちに焦点を当てた作品は見たことがなかった。
ひたすら迫害された悲劇に焦点が当たっていたように感じる。
その中で個人的な復讐を果たす作品なら見てきた。個人と組織とでは、こちらの受ける感情も全然違うね。
ドイツ人といっても、みんながみんな傍観してただけでもないし。


復讐は連鎖的になる。
やられたらやりかえす、では、やりかえされたらまたやりかえす、と延々と続いてしまう。
恨みってのは、復讐を果てして終わるのではないよね。そこからまた始まってしまう。

プランA、
これが実行されていたならまた歴史は変わっていた。
どの程度の成功率があり、その場合はどれだけの被害が出たのか?
なぜ頓挫したのか?
など、もっと知りたいなと思った。


復讐は、その後の人生を幸せに生きることで果たす、それがあるべき姿。
真理。
この主人公のように生きられたとしたなら、最善だ。

それが出来なくて苦しむ人達の方が多いと思うけど。
misuya

misuyaの感想・評価

2.9
思った以上に重かった。
こんな計画があったなんて。

家族を殺されたらわしも絶対復讐する。ナチ狩りに参加する。
けど、プランAはちょっと違うかなと…忌嫌う奴らと同類になりたくない。

ラストの方々は当事者なのかな。
後世に伝えていかないと…繰り返さないために。
さー

さーの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

法の裁き云々、復讐しても・・・。という気持ちや意見もあると思うけど、いざ主人公のような立場に立ったら、私は間違いなく復讐したいという執念に陥るだろうなと思った。
それをできる可能性が目の前にあるなら、主人公同じく突っ走りそう。
主人公が観覧者に冒頭とラストにあなたならどうするか?と問いかけてくるが、観る前と観終わった後の気持ちの変化を最終的には問いているのだろうな。
ホロコーストの映画をよく観るが、プランAといった復讐作戦があったことを初めて知った。これが遂行されていたら、どうなっていたのだろう。
 もし自分の大切な人が何の罪もなく殺され、殺した人間はのうのうと生き延びていたら?
 この映画ではユダヤ人虐殺を生き延びた人達の復讐がテーマ。日本はさ、良くも悪くも島国だから。逃げる場所もなければ復讐したい相手がそもそも島にいないって状況だったから、復讐を誓うのは難しかったんじゃないかな。。って思いながら観てた。
 で、最近死刑執行された秋葉原の無差別殺人みたいなのに巻き込まれたら、そしてその犯人が外にいたら。。復讐、考えるよなぁと。多分、復讐考えて、本人殺害を実行もしくは犯人が大切にしてる人を殺す!って思うと思うの。でも、実行後私も死ぬだろうなぁとも思う。だっていないんだもん。大切な人たちがこの世界にはもういないんだもん。抜け殻で生きるくらいなら、自死を選ぶと思う。想像だけどね。多分、虚しくなって生きるのを止めるだろう。
 生き延びた人たちの強さを感じる1本でした。

 少し前に旧約聖書物語を読んで、私なりにユダヤ人を少し理解したつもり。彼らには国がないこと。安住の地である国が欲しいこと。パレスチナを欲する訳も。ユダヤの人々に安息地が出来ますように。
まー

まーの感想・評価

3.0
ナチハンターものは大好きなんですが本作はなんだかぼんやりしてました。

冒頭ナチを次々殺していくシーケンスが最高で、そしてピークでしたf^_^;
よしわかった!ありがとう!それはそうとお前は殺すっていうあの流れ大好き。

プランA、要は目には目を歯には歯を、ナチにはナチを。これも史実とはいえもうちょっとスリリングに描いて欲しかったです。

アウグスト・ディールは毎度素晴らしい迫真の演技で良かったですね〜。イングロリアス・バスターズではナチ側だったのに(ファスベンダーとポーカーやる人)

プランAはやりすぎにしても当時のドイツ人に全く罪が無いわけでは無いんですよね…日本人同様…
Keicoro

Keicoroの感想・評価

3.7
実話を元にした作品
派手さは無く、なんか変な表現だけど、、静かに緊張しながら、引き込まれた
  
教科書には載っていないけれど、こう言う事があったと知るいい機会になった作品の一つ


いい人生を送ること
それが僕の復讐だ

実話が元、なので、実在ではないかもしれないけど、いい人生を送っていて欲しい
MrKATO

MrKATOの感想・評価

3.5
重たい作品は意図的に避けていたんですが、題材に惹かれて鑑賞。全編画面のトーンも暗く、ずっしりくる作品でした。

「プランA」の実行を巡るサスペンスフルな展開を期待していたんですが、ドイツ対ユダヤの構図ではなく、物語はマックスを中心に「ホロコーストを生き延びた」人々の苦悩を淡々と映し出します。
眠れない夜が続く日々、マックスの決断は?ラストまで目が離せませんでした。

「想像してみて欲しい。愛する者を殺された時、自分はどうするかを」
「決して繰り返さない」
大戦が終わりホロコーストが終わってもユダヤ人の差別は終わらず。行き場を失ったマックスはナチ狩りのメンバーに加わる。
復興に尽力する人々を他所に彼等には復讐の権利があると思わせる演出。
作戦の完遂と疑念の狭間の演技が凄い!
実話からこの脚本演出は素晴らしいです!

あなたにおすすめの記事