Mika

ムーンライト・シャドウのMikaのレビュー・感想・評価

ムーンライト・シャドウ(2021年製作の映画)
3.0

吉本ばななさんの小説は
何作か映画化されているけれども、
読者によって感じ方がそれぞれなので
1つの答えを見せられてしまうと
違う違う、、!と思ってしまうことが多い

本作も、正直、
私が長年好きだったムーンライト・シャドウとは
異なる世界の話であったように感じた

深く人を愛すること
そんな人を失ってしまうこと
それでも、生きる者の道は続いていくこと

人と人の関係の終結
しっかりと、愛した人を過去に送るということ

これはムーンライトの話よりも、
シャドウの話なんです(あくまで自論です)

この原作の
何にこんなに感動して心掴まれるって、
それはもう、
あんなに愛し合っていた2人が
それぞれを"影"に落とす
過去と未来に突き放し合う瞬間なんですよね

そういう、音
そういう音が、鈴の音 だと感じていました


しかし、
小松菜奈さんも宮沢氷魚さんも
スクリーンが似合う
素敵な画がたくさんありました