ムーンライト・シャドウの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「ムーンライト・シャドウ」に投稿された感想・評価

kana

kanaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

原作読まないと理解できん
月は出ないしひいらぎが結構イタめ
意味不明な行動に出て自分自身を保とうとする現実から逃げるのもわかるけど
梨

梨の感想・評価

4.8
とてもよかった。
なんとも言えないふたりの儚さ、危うさなどを
光、音、映像、すべてから感じた。
寄り添ってくれるような温かさがあった。
mimi

mimiの感想・評価

3.2
原作好きだと賛否両論かもしれない。
好きなとこ8
嫌いなとこ2

でもそれが映画だと思う。
小松ちゃん、本当によく演じきってくださった。美しかった、人柄が滲み出てた。
shibuya

shibuyaの感想・評価

3.6
すっごい綺麗
"川"のシーン全部合わせてスコア1くらい上がった
月の明かりに照らされる顔は映るのに月は一度も映らないし、井戸がその代わり

棒読み文学映画の正しい見方求む
優良作。試写で見せてもらいましたが、親しい人の死にどう向き合っていくのかを、映画尺をたっぷり使って描いた映画。スピリチュアルな雰囲気はありながら、メッセージは真摯でじんと来る。あと私は臼田あさ美さんのファンです。
Rio

Rioの感想・評価

4.5
久々に芸術的映画を見れて大満足。
わかる人にはわかるし、わからない人には全くわからないカットの仕方とストーリー展開も、最近の映画に欠けていた要素で、とても感動。


川の流れ、鳥の囀り、風の音…自然の音もいい感じにBGMになっていて、映画の世界観にどっぷり浸かれました。
もう一度見たい。

小松菜奈、宮沢氷魚ペアの作品あたできたら見たい…と思うぐらい、キャスティングは最高。
風月

風月の感想・評価

-
ドキュメンタリータッチの映像なのにシネコンでよくある漫画原作の作品みたいな台詞回しでこの乖離に意味が見出だせず全く入り込めなかった。宮沢氷魚の弟役が急に踊り出したり死んだ彼女の服着出したり意味は分かるけど悪ふざけとしか思えないシーンがあった。小松菜奈を撮りたくて仕方なかったんだろうが、そのキャラ付けでは魅力を損なっているだろう。後半完全にホラーと化す作風を考えたら全体的にもっとミステリアスさを出しても良かったのでは。カメラも(そんなつもりは無いと思うが)「きみの鳥はうたえる」を安易に模倣したような撮り方で陳腐な背面ショットが多い。後半からは井戸の底からのショット(これも「赤ひげ」があるが)や河川敷に二人で座るシーンなど良い画が出てきた。
全体的に役者ごとの演技のトーンがばらばらでさらに映像との協調性も無くて結構疲れた。
t

tの感想・評価

-
原作を読んでないから比較できないけれど、ストーリーが曖昧でよくわからなかった。
セリフが少なくて映像で魅せてるのは良かったんだけどそれが逆に間延びしてしまったようにも感じた、。
「食べてるところを見るとその人のことがわかる」って何かの伏線なのかな?って思ってたんだけど何もなかった笑

小松菜奈の衣装と青いマスカラが素敵だった!
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.1
恋人の突然の死に、深い哀しみに打ちひしがれる女性は、以前耳にした、満月の夜の終わりに死者ともう一度会えるかもしれないという“月影現象”に導かれていく。吉本ばなな原作小説の映画化の恋愛作。不思議な空気感と、彼らだからこその恋愛模様は穏やかで優しさが感じられる雰囲気。全体的に雰囲気映画であり、詩的でファンタジー感を味わう物語でもある。映画としての盛り上がりは弱いが、小松菜奈×宮沢氷魚の透明さは凄まじい。
ナナ

ナナの感想・評価

3.2
吉本ばななさん好きだし菜奈ちゃん氷魚くん好きだから楽しみにしてたけれど、私はもっと現実が好きだし深く知りたいからあんまりだった……

スクリーンに映る小松菜奈ちゃんと宮沢氷魚くんはめっちゃ良かったからこそなんかちょっと残念だったけれど、ハマる人にはハマるのかなとも思う……
でも好きなシーンはあったからまた見返したい〜

あなたにおすすめの記事