taku

グリンチのtakuのレビュー・感想・評価

グリンチ(2000年製作の映画)
3.4
クリスマスが大嫌いな緑の化物・グリンチとクリスマスに疑問を持つ少女の交流を描いた心温まるストーリー。

架空の世界を舞台にした子供向けファンタジーでありながら、クリスマスセールの大混戦、豪華なプレゼント・イルミネーションなどのモノと金で押し付けるアメリカの資本主義を風刺しているのが面白かったです。

特殊メイクアップを施したジム・キャリーの怪演が見所で、アニメの様な動きを見せてくれて楽しめます。

プレゼントの価値や見た目の豪華さではなく、誰かと一緒に祝う気持ちが一番大事だという事を教えてくれる良い映画です。