ダルバール 復讐人の作品情報・感想・評価・動画配信 - 8ページ目

「ダルバール 復讐人」に投稿された感想・評価

てるる

てるるの感想・評価

4.7
チュマキリ!チュマキリ!!
ラジニカーント御歳70、まだまだ現役です!

屋根を陥没させながら歩くシーンからの日本刀アクションでテンション爆アゲかつ笑わせてくれます。
腕サクサクやるの笑った🤣

悪党どもをブッ殺しまくるオープニングの割に、その後は意外と娘とのほっこりやら、惚れた女性との淡い恋とか楽しい。
ラジニ様が美人を前にあわあわしてるの笑った🤣
でもおじさんと若者の恋という悲哀も描いてるのが切ない😭

もちろんコメディ要素としてヨギバブちゃんの存在がデカい。
謎の給料システムとか、そもそも何やってるのか分からないところとか最高すぎる。
あのニコちゃんマークのバッジも可愛すぎんか。

オープニングで示唆されてはいたけど、中盤からはハードな展開。
さすがタミル映画です。

インド映画の良いところは、ネオ勧善懲悪というか、悪党には本気で容赦ないところ。
主人公が悪役ですか?てくらい普通に人殺していくのがたまらん。
やっぱ法で裁けないヤツは超法規的殺人ですね!←アブナイ思想

そして悪党も最後までちゃんと悪党を全うしてくれるのも良き。

もうお歳なのでダンスは控えめ、アクションは吹き替えだけど、筋トレのシーンなんかは70とは思えない。
そしてあの笑顔には平伏すしかない。
スーパースターのオーラは未だ健在!

お約束の指を動かす度にシュシュシュ!て効果音つくのも最高すぎる🤣

ヒロインのナヤンターラさん。
つい最近「チャンドラムキ」を観たばかりだったけど、久々の共演なんだとか。
そういえば「まばたかない瞳」の主演でしたね。

娘役のニヴェタ・トーマスさんは、同日に同時再生会をした「ジッラ」ではヴィジャイさんの妹役!!
こうやってだんだん繋がっていくのもインド映画の楽しみの1つ。

やはりインド映画は劇場で観るとより楽しい。
笑って、泣いて、燃(萌)える2時間半!
本作は2週間限定公開らしいので、興味ある方は早めにどうぞ!
kupa

kupaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

お待ちかねスーパースター・ラジニカーントの新作。冒頭いきなりラジニ兄貴が悪人どもをブッ殺しまくるダークな展開にびっくり。その後はいつもの明るい兄貴も見られるがハードなドラマが熱い一作。

ムンバイに警察長官として赴任してきた我らがラジニ兄貴、着任してすぐに副知事の娘の失踪事件を足掛かりに大物麻薬元締めを逮捕する。その逮捕をきっかけに彼の父親の大物ギャング、および彼らに便宜を図る警察内部や地元政治家の腐敗との戦いが前半の見せ場。

そんなハードなドラマと並行して1人娘や使用人とのほのぼのしたホームドラマ、更には娘の勧めで美女に告白しようとしてアガってしまうラジニ兄貴というコメディパートが入るのが、よくも悪くも娯楽の王道を行くインド映画。

もちろんノリノリのダンスシーンもあり。

後半、真の悪ボスの登場でドラマは更に激しさを増す。その中でラジニ兄貴を見舞う悲劇、そこから闇堕ちした冒頭のシーンに繋がっていく。

ラジニ兄貴も敵のボスも愛する者を奪われたことによる復讐者であり、遂に宿命の戦いが幕を開ける。
みぽち

みぽちの感想・評価

5.0
ラジニ様贔屓決して関係なく、ストーリーも演出も全てが最ッッッッッッ高。最初から最後まで無駄なシーンが一切なく、鑑賞後無意識にミニパンフレット(¥400・表紙等入れて全6P✌️)を買いに行ってしまったくらい大コーーーーッフン状態にさせてくれる爽快⭐️復讐コメディアクションかつアドレナリン印映画🤪👏👏
主演のラジニ様はもちろん素晴らしすぎるのだが、脇を固める名コメディ脇役ヨーギ・バーブ👶🏻🍼や、新顔ターバンイケメンGuru Bhullar(グル・ビュラー)も最高🤤💖
そしてラジニ様、御年71歳を迎えるにも関わらず、あの鍛え上げられた肉体美と肌のつややかさ、若さを保ち、キッレキレなアクションとダンスシーンをこなしてしまうのは、さすが"SUPER⭐️STAR"の称号を持つ天下の俳優さんだけあるなあと再実感(´༎ຶོρ༎ຶོ`)👏
本作は100%劇場案件作品なので、これは短い期間中ではあるが、おかわりしたい(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
もっと重い話かと身構えてたら娘との可愛いやりとり多め&大規模ダンスも2つあるしでほっとした。とはいえ笑顔で人を殺すバイオレンスアクションもたっぷりなのはさすがスーパースター。途中のある展開はスター本人からの「まだこの座は譲らん」というメッセージのようで痺れた。
築浩

築浩の感想・評価

2.8
[SCREEN]#10
観賞記録/2021-244
スーパースター ラジニの新作
もぅ、super star the RAJNIでよいのではと思いますね。

大分ほっそりとされた印象
流石に往年のキレは無いものの素立ちですら溢れ出るオーラがやはり、彼こそがスーパースターだと感じさせます。

序盤こそいつものドタバタ無敵モノの流れですが、途中からかなりハードボイルドさが加味されます。
とは言え、インド流ではありますが…

スーパースターと共演される役者さんたちは、どんな心持ちで撮影に入ってるのかな?と、作品とは全く違うコトが気になりました。
Makoto

Makotoの感想・評価

-
ザ・インド映画!!!!
安心してみられるストーリー展開。
70歳とは思えないアクション!!
いろいろ突っ込みどころはあれど、やっぱりラジニ様はこうでなくっちゃね!
カッコいいラジニカーントを魅せることに全力出しました感がすごく伝わってきて、ご馳走様です!!!ってなりました。
ダンスもアクションも盛り盛りでほんと楽しかったです。
アクションがほんとカッコいい。年齢を感じさせない。
一方で美女にどぎまきしてるシーンはコミカルで、自然と笑ってました。コメディもできる。
なんか映画界を引退する噂聞いてたけど、もう70歳になるのにカッコ良過ぎて、みんなまだまだスーパースター観てたいんだろうなって思いました。

ただ、ヴィジャイさんの「火花」の時も思ったけど、警官は警官のやり方で悪を裁いて欲しいとやっぱり思ってしまう…。
犯罪が蔓延してて裁かれない悪をやっつけて!っていう人たちの声が実際にあるから、こうやって沢山の映画になるんだろうけど。インドの社会問題の1つなんだろう。
悪い奴は殺せ!って、ノリがタミル映画多い気がしてしまう。血の気が多い。
|<

あなたにおすすめの記事