くう

ONODA 一万夜を越えてのくうのレビュー・感想・評価

ONODA 一万夜を越えて(2021年製作の映画)
4.0
太平洋戦争時フィリピン・ルバング島に派遣され、敗戦を知らずに潜伏。1974年ようやく帰国した小野田元陸軍少尉を描いた物語。

小野田さんの存在はもちろん知っていたが「潜伏」について無知過ぎた。もっと早く探せていれば助かる命がたくさんあったのに… 。

上映時間3時間、長い…と思っていたけれど、主人公と一緒に何年も島で生きて来たような疑似体験。あっという間。

ロケーションは素晴らしく、美しい風景の中で起こる地獄のような事件の数々に心が重い。成仏なんてできないよ…誰も。

上に立つ者に「責任を負わせる」際に、すぐに退任を叫ぶのは間違っていると心から思う。

退いてしまっては責任は取れない。最後の命令を聞かなければ動けない者がここにいるのだから。

遠藤雄弥さんから津田寛治さんへの年齢移行、キャスティングした人は素晴らしいなと思う。違和感のなさ、若きから老いまで切ない透明感。