akn

スターダストのaknのネタバレレビュー・内容・結末

スターダスト(2020年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

ボヘミアンラプソディみたいなタイプを期待するとがっかり間違いなしだろう。

本人の楽曲の使用許可が降りなかったのはかなりの痛手で、あえて事前情報をいれずに観るとやはり肩透かしにはなると思う。


だが、伝記映画としては結構良い出来だったのではないかと感じた。
主演のビリーフリンは色々な人が触れている通り、あまりボウイには似てないんだよね。だから見始めた頃は違和感を感じるものの、ストーリーが進むにつれ段々ボウイっぽく見えてくる。話し方や佇まい、かなり研究したんだろうということを感じさせた。

ストーリー自体もユーモアもありつつ、人としてのボウイにフォーカスを当てたストーリーで振り返ると結構楽しめた。

ボウイファン向けの映画で楽曲なし、神格化されているに近い存在のボウイを扱ったこと、なかなかチャレンジングだが奮闘はしたと思う。