KJパスト代理人

名探偵コナン ベイカー街の亡霊のKJパスト代理人のレビュー・感想・評価

3.7
劇場版コナンシリーズの中でも上位に上がる気がする良作。

仮想体感ゲーム機「コクーン」の完成パーティーに招かれたコナン一行。

仮想現実で様々世界でゲームができるという未来のアミューズメントにコナン一行を含めた50人の子供達が入る。

その途端コクーンをコントロールする人工知能が暴走。50人の子供達がゲームにクリアしないと皆殺しにすると宣言。

同時に現実世界でも殺人事件発生。

現実世界の殺人事件も追いつつ、ゲームをクリアしなければならないコナン一行。

仮想現実世界は霧の都、100年前のロンドン。コナンと殺人鬼切り裂きジャックとのデスゲームが始まった!

コナンのシャーロックホームズ愛、全開の本作。

仮想現実をいいことにやりたい放題でお馴染みのメンバーも名義を変えて登場。

切り裂きジャックとのアクションシーンまであり、1人また1人と仲間が倒れる感動演出付き。

仮想現実設定なので、コナンの現実乖離な、いやいやそれはない設定がすんなり入ってくるのも良かった。