navi

戦場のピアニストのnaviのレビュー・感想・評価

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)
4.5
ナチスドイツの映画は毎度、腸が煮えくり返るような思いで見ていましたが……。良心的なドイツ兵に出会ったのはこの作品が初めてです。
強烈な描写が次々と流れ、切り替わる映像に安堵すら覚える。しかし日が過ぎるほどに主人公の状況は過酷になっていく……。そんな中で時折流れるピアノは儚く美しく、唯一の救いになる。
実在したドイツ兵はピアニストの他にも多くの命を救い、先日〈諸国民の中の正義の人 〉の称号を与えられるほどだったが……。個人的に、彼にも戦後、復職したピアニストの演奏をラジオで聴いて欲しかった。
「生きるも死ぬも神のご意思だ、そう信じなくては」という彼の言葉、最期はそのままそっくり返ってしまったのか。恩人を救えなかった主人公は何を思ったのか。実話なだけあって、色々気になるところもあります。