obao

戦場のピアニストのobaoのレビュー・感想・評価

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)
4.2
@宝塚シネ・ピピア
ナチスドイツ軍によるユダヤ人の迫害…虐殺をこれほど直接的に、大量に…現実的に見せられたのは、もしかして初めてかも知れません。スクリーンで見るそれは、すごい迫力でしたが、あまりのショックで涙が出ました。

ユダヤ人のピアニストが、目の前で仲間が殺され、家族が連れ去られても、自分だけが、生かされ…。しかし、彼は軍人でも、ましてやヒーローでもないので、相手に立ち向かうことも出来ずに、ただそれを見ることしか出来ずに、生存本能から逃げ惑い生き残ってしまう忸怩たる思いこそが現実で、ポランスキー本人の体験と重なり合っているのだろうと…。

『ロマン・ポランスキー 初めての告白』を観てから、ずっと観たいと思っていた本作…スクリーンで観られて本当に良かったです。

ただひとつ、心残りと言えば、あのドイツ人将校を助けてやれなかったのだろうか…と(現実に基づいた話だけに尚更)。