戦場のピアニストの作品情報・感想・評価・動画配信

戦場のピアニスト2002年製作の映画)

The Pianist

上映日:2003年02月15日

製作国:

上映時間:148分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「戦場のピアニスト」に投稿された感想・評価

ま

まの感想・評価

5.0
シュピルマンの生命力の強さと、人脈の広さと、強運は驚くほどだったけれども、簡単に言葉が出てこないほどには重い。

実話に基づいており、展開も不幸せなものが多いにもかかわらず、ホロコースト映画にしては抑えめな描写がされているからこそ、伝わってくるもの、後味が生々しく残る気がする。いわゆる“残酷”で“グロテスク”な映像に衝撃を受けて終わってしまうような作品ではない。

人間は時に人を差別し、憎み、危害を加え、しかし時には憐れみ、優しい手を差し伸べたりもする。全くと言っていいほど訳の分からない生き物である。周囲をとりまくささいな環境の変化や、その場の感情によって味方にもなり得れば、敵にもなり得る。

ただ、ピアノは弾けるようになりたいと思った。これから休みの日はピアノの練習にでも明け暮れようかなと思うほど。あと、主演のエイドリアンブロディの顔立ちが美しすぎて尺の長さについてははほとんど気にならなかった。
まつZAKI

まつZAKIの感想・評価

4.5
傑作。心に響く。
圧倒的なエンドロール
Goemon

Goemonの感想・評価

4.5
エスノセントリズムに囚われた人間は恐ろしいと思う。
完全に思考停止してしまっている。

警察組織として、ユダヤ人をユダヤ人に治めさせていたが、ああやって内紛を起こさせるのは基本的なやり口だろう。
状況が悪くなる前に暴動を起こせるかどうかが勝負だとすれば、やりきれない思いがする。

常に映されているのは食事である。
悲しいかな、食べなければ、飲まなければ生きていられないのだ。

戦争により、様々な美しきものが無価値になってしまい、失われてしまう。
主人公の類まれなるピアノの腕前が、評価されずに埋もれるのがもったいないと思う。
監督が音楽家を本作で映すのは、そうした美意識があるからなのかもしれない。

このレビューはネタバレを含みます

高校の授業で見て大人になって改めて見た。胸が痛くて重い作品。感情移入してしまったら観れない。シュピルマンを助けたドイツ兵助かって欲しかった。
映画だけど本当にその場面を見てるかのような生々しい描写で映画としてのクオリティが素晴らしかった!
【やめられないとまらないピアノ線】


たとえ刑務所に入っても、
人を笑わせたい欲は消えないです。


もはや本能なんですよ。
マーシーが薬やるのと同じです。


マーシーだって、
この先一生ユーモアは捨てられない。


獄中離婚で、
思わず酒を吹き出しそうになりました。


戦場でも、
グランドピアノがあれば弾くのです。
ayaland

ayalandの感想・評価

4.5
エイドリアンブロディの演技が素晴らしい。
oooa

oooaの感想・評価

-
2019.1.20
mikuro

mikuroの感想・評価

3.8
ナチスドイツがポーランドに侵攻したときの話。戦場でも音楽を愛したピアニストの実話なので陰鬱なシーンが多かった。それでも流れてくるショパンの美しさといったら。そして、生きることに執着する姿に強烈なインパクトがあった。
F

Fの感想・評価

-
悲しく美しい音色
>|