swansong

007/サンダーボール作戦のswansongのレビュー・感想・評価

007/サンダーボール作戦(1965年製作の映画)
3.7

マイ「007マラソン」、遂にゴールです!

ボンド映画総復習の締めくくりは、シリーズ最大のヒット作「サンダーボール作戦」。
あの「スカイフォール」ですら、観客動員数では本作品に及ばないとか。

スペクター最高幹部たちの「悪だくみ会議」のシーン、何度観てもイイですね~!(笑)

今回のボンドガールは、「太陽を盗んだ男」の少し前に「パリの哀愁」でジュリーと共演したこともあるクローディーヌ・オージェ。
美しい人です。

今までの「ボンド対ラスボス」という定型からのスケールアップを図ったのか、もはやこの作品は 「NATO 対 スペクター」 という戦争映画の様相を呈してますね。

「ゴールドフィンガー」の荒唐無稽な作風に「ロシアより愛を込めて」のシリアスなテイストをほどよく加え、たっぷりとお金をかけてシェイクした「究極のボンド映画」のはずなんだけど、不思議と前の二作ほどグイグイと惹きつけられないのは、クライマックスの集団アクションシーンが冗長すぎるせいでしょうか。

「援軍が駆けつけたとたんに映画が退屈になっちゃう」という問題は、このあと長いこと尾を引きますが、そこに「障壁突破」とか「起爆装置解除」のサスペンスを加味してうまく盛り上げた「私を愛したスパイ」は、やっぱり偉大だと思います。

So he strikes …
da・da・da・da・da・
like Thun~ der~ ba~~~~~~~ ll!

トム・ジョーンズが熱唱する主題歌の「やり過ぎ感」がたまりませんね!(笑)