あらららららら

THE MOLE(ザ・モール)のあららららららのネタバレレビュー・内容・結末

THE MOLE(ザ・モール)(2020年製作の映画)
3.9

このレビューはネタバレを含みます

序盤、「寝ちゃうかもしれん」と思いつつあまり期待しない状態で見始める。
いまいちパッとしないウルリクの表情に、大丈夫かしらこの人と一抹の不安を覚える。
国内の親北朝鮮組織からはじまり、トントン拍子で北欧を代表する人物に出世する様にも、大丈夫かこの組織、と不思議な同情が募る。

そうこうしてるうちに実際に北朝鮮に呼ばれることになり、そこからが本番。
文字通りスパイ映画のような展開・シチュエーションが連発。廃墟の地下にある豪華レストランとは……。
北朝鮮も北朝鮮であっさり信用してしまう愚かさ。
闇社会で交わす契約書に効力はあるのか?
などなど、嘘のようなホントが連発。
国際犯罪の場でも商談は表社会とおんなじなんだなと妙な親近感もある。