バトル・ロワイアル 特別篇の作品情報・感想・評価・動画配信

バトル・ロワイアル 特別篇2001年製作の映画)

製作国:

上映時間:122分

3.3

あらすじ

「バトル・ロワイアル 特別篇」に投稿された感想・評価

Yuji

Yujiの感想・評価

3.0
懐かしくなって鑑賞。藤原竜也、柴咲コウなど有名な人がたくさん出ててびっくり!自分だったら生き残れないなぁ。
「キタノ」の生命力がありすぎるんだよ!!ふざけてんのかばかやろう!!
くるみ

くるみの感想・評価

3.1
設定がよく分からない話で、ストーリーはそんなに面白くなかった
当時にしては斬新な設定だったんだろうな。ストーリーが陳腐だから、実写映画よりアニメとかの方が向いていそう!

やはり今も有名な方々(藤原竜也、柴咲コウ、栗山千明)は存在感が半端なかったです!
柴咲コウ美人すぎるし存在感に圧倒される…
ついに見れた!
殺人ゲームの金字塔の映画。
今じゃ結構ありふれた設定に感じるけれど公開された時は盛り上がっただろうなと思った。
奇抜な状況設定(中学1クラスを離島に閉じ込め最後の1人だけが生き残れるサバイバル)が光るが中味は空虚な殺し合いゲームで何も心に響かない。過激化する少年犯罪、少年法改正の是非、荒れる学校教育、非力化した無抵抗な先生たちetcを背景にこうした極限空想の物語が生まれるのだろうが、ここで殺し合いさせても一つ一つの殺傷に意味も深みもない。残った10人くらいの生徒たちが団結して大人たちの集団に立ち向かうのかなと勝手に思って観ていたがそれも無し。仮に立ち向かったドラマだとしてもどちらの肩を持つか微妙だけど。最近時の成人式典での無謀な振る舞いや先生や大人を甘く見て増長する世代が増えた世の中では体制側の肩を持ちたくなる気持ちもある。『仁義なき戦い』お子様版でした。
おこめ

おこめの感想・評価

3.5
栗山千明めちゃくちゃ美しい…!
#過去録
でっさ

でっさの感想・評価

3.5
前田愛かわよ
越後屋

越後屋の感想・評価

4.0
『特別篇』は初!本編は十数年ぶり!
極限状態の最中で試され翻弄され抗う様々な「情」の畳み掛けと暴力描写に圧倒される形容が合ってるのかどうか解らないが「青春」映画のド傑作!
方法は異質だがこの試される状況下は現状にも在るのかもしれない!
「この國は壊れてしまいました!お前ら大人舐めてるだろ?」
そうしたのは大人なのにその都合で子供達にそのツケを払わせる…
お前らだって子供時代在ったろうが!

「信じる…」事の儚さ困難さが顕著に現れ少しの歪みで崩れ去る"灯台"画には何度観てもジワッとする…

藤原達也、安藤政信、栗山千明、塚本高史と現主役級の若手達の達者感!
やはり異彩を放つ柴咲コウ!
高岡蒼甫、山本太郎…(惜しいなぁ…)

原作(漫画)はもっと個人個人掘り下げていたがちょっと残念だったのが杉村。
杉村対桐山、観たかったなぁ!
>|