ブレードランナー ファイナル・カットの作品情報・感想・評価・動画配信

「ブレードランナー ファイナル・カット」に投稿された感想・評価

R

Rの感想・評価

5.0
すばらしすぎる! 人生で一番好きな映画のひとつ! 1年に一度くらいのペースで必ず見たくなり、見るたびに好き度がどんどん増していく。今回はラストシーンで涙すら出た。何て悲しい話だ。もーね。何もかもがツボ! 耽美的と言って過言でないくらい、ケオティックな美にあふれた映像美、白黒映画のような光と影のどぎついコントラストの中で、昔のハードボイルドな探偵モノのように、ほとんど詳しい説明がなされないままぐいぐい展開するストーリー、それが逆に想像力を刺激しまくるんすわ。ショーンヤングの人間離れした美貌、人間臭さが愛くるしい悪ガキのような表情のハリソンフォード、冷たい悲しみに満ちたルトガーハウアーの瞳のブルー。薄汚れた未来都市にケバケバしく輝くネオンサインやスクリーンをかわしながら空中を飛行する車、古代遺跡のように壮大なタイレル社、短すぎる生を憂うレプリカント。何よりも素晴らしいのは、細部までこだわりの感じられる音響効果と、映画のムードを完璧に創り上げたVangelisの音楽。最初のドーン、ドーンから一瞬にして世界に没入してシビれまくり! ラストシーンは白濁した何かが漏れそうになるくらい好き! 最後にヒヤリとするサスペンス、まさかの折り紙(!)を握りつぶすデッカード、It's too bad she won't live but then again who does? 閉じられるエレベーターのドア、そして至高のエンディングテーマ! 最高すぎてクラクラくる。そう、それは結局、普遍的な人間の、深い、深い哀しみと同じなんだ。SFであれ何であれ、これほど好きな映画はないし、匹敵はしてもこれを超える映画は今後も出てこないだろう。好きすぎて、見終わったら数日もこの世界を抜けられないのだよ。あーもーいますぐもっかい見て陶酔したい。初めて見る人には、是非とも3回見るように勧めたい、一回じゃ良さがわかりにくいかもしれない。
話はありきたりだが圧倒的な映像美
tETu

tETuの感想・評価

3.9
約40年も前の映像とは思えない
かっこいい
ナ

ナの感想・評価

3.6
『エイリアン』を作ったリドリー・スコットが『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作映画化したっていうそれだけでパワーあふれる映画。SFとして見るならスチームパンクの世界観が最高にキマってる。柄がサイリウムみたいに光る番傘とか秀逸すぎて笑った。演出やストーリーの方は今見れば月並みという印象
taktak

taktakの感想・評価

5.0
暗い、かっこいい。
レプリカントとは…。

友達に会う度にブレラン見るぞ!と口癖のように言って、何度も見ました。見るたびに感動。
GETATORI

GETATORIの感想・評価

4.0
久しぶりに再見。
思えば俺が最初に見たのはこのバージョンだった。
今見るとリドリースコットの意向が反映されすぎてなんかよくわかんないね。まぁ、大好きなんですけど。
IMAX鑑賞。

巨大スクリーンへの没入感がいい。
なんてかっこいい世界観
レプリカントと人間の違いなんて、どこにあるのか分からなくなる
KZ

KZの感想・評価

3.2
当時は凄かったんだろうな〜って思う
>|