• Filmarksトップ
  • クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲の感想・評価

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年製作の映画)

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:89分
    監督
    原恵一
    脚本
    原恵一
    原作
    臼井儀人
    キャスト
    矢島晶子
    ならはしみき
    藤原啓治
    こおろぎさとみ

    「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」に投稿された感想・評価

    ばら
    4.2
    ひろしが自分の子供の頃から成長していって大人になっていく回想のシーンで一番泣いた
    出てくるものがいちいちレトロでノスタルジックでかわいい!すてき
    しんちゃんはずーっと理想の家族。家族愛たっぷりで、しんちゃんの中で一番すきな映画。
    再見。
    前半から中盤にかけての育児放棄が物凄く怖かった。見渡すと世の中には「大人」になれない人が沢山いる(勿論俺も含め)が、そこへの観察眼に非常に長けている映画だと思った。

    オトナ達の「なんで俺らが仕事や家事をしないといけないの?俺らだっていつまでも遊んでいたい」という後退したい気持ち。放り出されたしんちゃん達の不安だがそれでも食べ物を見つけ、寝床を見つける、生き抜こうとする前進していく姿勢。

    特にしんちゃん達の前進性は本当に素晴らしいと思った。ピンチでもユーモアを発揮してムードを作り、ひまちゃんなど自分より弱い者を守り続ける姿勢は、その時点でこの映画中、既に責を果たす為に己を行使する「大人」だと思った。

    これは明確に通過儀礼の構造を持った映画だと思った。ポイントなのはオトナとしんちゃん達が違うカタチで通過儀礼を経ることだと思った。

    敵も魅力的に思えた。僕は郷愁に共感はしないが、主張に求心性があってエンターテイメントを提供してるだけで、直接手を染めて悪事を働いているわけでもない。あくまで後退性の誘いをかけてくる者なだけ。今回の敵は後退性であり、その誘惑が魅力的だから敵として魅力があるのだと思った。

    その他細かいところももっと研究してみたいと思った。
    評判が良い映画で過去にも観たことがあったが、繰り返し観て研究する価値のある映画だと思った。
    まえ
    4.2
    わたしは今日まで生きてみました
    ぴぽこ
    4.0
    映画館で小学生のとき観て号泣した。ヒロシのシーンは反則
    Kiwamu
    3.0
    未来に向かって進んでいこうと戦うシーンは胸打ちました。

    往年の名曲に触れられるノスタルジーな一作
    きQらげ
    4.4
    おとなもこどもも楽しめる。メッセージ性が良い感じ。
    >|