Eri

1941 モスクワ攻防戦80年目の真実のEriのレビュー・感想・評価

3.5
第二次世界大戦中の独ソ戦の実話🪖
リアルな映像で迫力ありました❗️

ナチス軍がモスクワに迫ってくる中、
前線では兵力不足で苦しむソ連軍。

モスクワを守るべく、
まだ実戦経験のない訓練兵たちが
前線へ送り込まれることに❗️

戦場の過酷さ、恋人との別れ、
戦争のつらさをリアルに表現されて
いました😣

作中で、息子も前線に駆り出され
ドクターとして負傷者を手当てする
女性が指揮官に
「どうして未来ある若者たちが
死ななければいけないの?
これが戦争?ただの大虐殺じゃない」
と迫るシーン。
まさに今ロシアがウクライナに
行っていることですよね😣

ウクライナがロシアから
迫られている今観ると、
こんな歴史があったにも関わらず
戦争を選択したロシアがやっぱり
恐ろしいと思いました😨

この戦争も映画になる日が
来るのでしょうか。。😣