1941 モスクワ攻防戦80年目の真実の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「1941 モスクワ攻防戦80年目の真実」に投稿された感想・評価

1941年、ドイツの侵攻によりモスクワ陥落の危機に瀕したソ連軍が訓練中の学生兵3500人を前線に送り込んだ実話に基づく話。

戦闘シーンが激しかったからなのか、仕事帰りに観たからなのか、劇場の空調が暑すぎだったからなのか、見終わってどっと疲れました😅

若者たちの群像劇的な趣きもありましたが、日本でも学徒出陣があったように、戦争の数だけ似たような話は沢山あるのでしょうね。

友情、恋愛、家族愛等、ドラマ部分の描き方は多少ありきたりな所もありましたが、このモスクワ攻防戦の事実も含め、ロシアで最近解禁されたという機密を基に、博物館保管の実際の当時の兵器や戦車などを使用したという戦闘シーンは迫力がありました。 ハラショー
WWⅡでナチス・ドイツ軍によるモスクワ陥落を阻止したソ連軍士官候補生たちの戦いを壮大なスケールで描いた戦争アクション。1941年、首都モスクワに迫るナチス・ドイツ軍に対し、戦場を初めて体験する若者たち約3,500名が立ち向かう。
まぁ、はっきり言ってロシアの国威発揚、プロパガンダな作品。極めてオーソドックスなストーリーで、過酷な戦場における人情噺を織り交ぜて正攻法に描く群像劇。ソ連軍といえば近年の大ヒット作「T-34レジェンド・オブ・ウォー」。そちらは戦車兵の話しだったけど、今作は戦争映画では珍しく砲兵を主に描く。博物館に保管されていた本物を引っ張り出して使用したという。でもこの対戦車砲、300m以内の至近距離でないとドイツ戦車の装甲を撃ち抜けない代物。それを踏まえた上で彼らの戦いを鑑賞すべき。
いくらプロパガンダとわかっていても、じっくりと観ていればそれなりに物語に入り込むし、一緒に「ウラー!」って叫びたくなる場面も出てくる。特にそう思ったのが、当時のソ連の新兵器“カチューシャ(ロケット砲)”のシーン!あの圧倒的な殲滅シーンには思わず「ウラー!」だった。他にもJu87シュトゥーカのやって来る時の恐怖のサイレン音や、その後のハインケルHe111の爆撃シーンでの多分ちゃんと火薬を使った大爆発シーンは凄まじい迫力で素晴らしかった。それに以前スペイン内戦に参加していたという女性看護兵のエピソードも良かった。
結構エピソードがあちこち跳ぶし、段々とみんな傷付き顔も汚れてくるので、ぶっちゃけ誰が誰だか…状態になってしまうのがチョイ難点。それとパイナップルがちょっと食べたくなる。でもあのクライマックスにはグッとくる。
どこの国でも戦争が起これば、負けそうになれば、若者に皺寄せがくる。その事を忘れてはいけない。
daruma38

daruma38の感想・評価

3.0
ソ連の学徒出陣青春群像の映画。
エンターテインメントの要素は余りない。それにしては、登場人物の内面を描ききれていないように思う。
T34のようなラストを期待していたのだが、いたってプロパガンダ的な最後であった。
築浩

築浩の感想・評価

2.8
[Screen] #9
観賞記録/2021-422
真実…?
新解釈”モスクワ攻防戦”といった感じ。
こういうこともあったかもね。という感じに戦争と青春群像劇を混ぜたよう。
さすがにあそこまで傍若無人に振る舞うロシアの軍人はないかと…。
字幕と、音声で微妙にズレるのが、戸惑う。
※サーシャ、ミーシャなどのあだ名。
展開とラストは、韓流映画のそれに近いです。
グランドシネマは、ちょっと行きにくいですが、大きなスクリーンで、観賞できたことは感謝。
このタイミングがなかったら、のむコレや未公開ゾーンでの出会いになったぼかもしれないので。
ちょっと顔が判別しづらくて困ったけどw
純粋に面白かった。
戦闘シーンもすごい迫力あったけどCGなのかな?

当たり前だけどソ連にも若者はいて
青春してたんだよなあ~最後は泣ける。

ソ連側の悲惨な事情はともかく
ナチスは絶対悪なのでどう作っても
美談にしやすいってのもあるけどね。
2021/11/19公開「1941 モスクワ攻防戦 80年目の真実 」をグランドシネマサンシャイン池袋で鑑賞。

1941年10月のモスクワ攻防戦を描いたロシア産の戦争群像劇。

侵攻するナチスドイツからモスクワを防御するために、過酷な最前線に送り込まれる3500人の若者たち。彼らの無惨な運命と砕け散る夢と深い絶望…。

ポドリスク兵学校士官候補生のラヴロフやディミトリの友情、衛生看護兵の女性、マーシャたちの三角関係と運命は本当に切ない…。

学生兵の恋愛や家族愛を推進力とした構成は正統的なロシア映画そのもの。
大量の火薬使用による爆破描写も容赦ないくらいに激しい。

戦争の残虐性や無慈悲さがよりリアルに描かれており、特に未来ある多数の学生たちが悲惨な死に方で大量に虐殺される描写にゲンナリした。

終盤のナチスドイツからの火炎放射器による攻撃や若き兵士たちの人体損壊描写も激しい。

本作は、近年のエンタメ戦争映画「1917 命をかけた伝令」「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」に比べて、正反対のベクトルを持っているが、反戦映画として観るならば、ラストの描写は納得できる。
konomix

konomixの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

一日中掘ってもお墓が足りないの。ってすごく悲しいことを言ってた。みんな色々抱えてるのに、戦争に送り出されたら国のために戦うんだからすごい。
爆撃のシーンが凄まじすぎて震えた(´・_・`)あと人間関係が良かった。結末悲しいけどあの3人は死ぬ時も一緒でよかった
Katsumi

Katsumiの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

独ソ戦の戦争映画。
迫力があり、戦場の若者の心情が描かれており面白かった。
クライマックスは痺れた。

ただ、旧ソ連を美化し過ぎだ。
masaya

masayaの感想・評価

4.0
ナチスドイツ軍がモスクワ目前に迫る1941年の秋。正規軍の援軍到着まで持ち堪える為に砲兵学校の生徒達が前線に配備される。まだあどけない顔の若者達が精強な独機甲師団を迎え打つ・・抜群の火力で観る者を圧倒しながらも、祖国防衛戦の悲惨を冷徹に描写する。
T-34並みのエンタメマシマシ火力を期待して観に行ってそっちは大いに満足。ただ我が軍の戦車はまだか!って話なので赤軍戦車は余り出てこず、対戦車砲で後から後から湧いてくるドイツ戦車に対峙する苦しい戦い。若者の未来を食い潰しての苦い勝利の記憶が、帰って来ない英雄の物語になったのだろうか。
前線に軍医や衛生兵で多くの女性が配置されてるのが独ソ戦映画ならではで、名もなき兵士達と共に、彼女達をしっかり記憶したい意志を感じる。「戦争は女の顔をしていない」を読んだ後では幾分理想化された存在に思えてしまうけどね。
maria

mariaの感想・評価

3.8
評価低いレビューが多いですが、
個人的には大満足な作品です。
戦争映画で観たかったものを思う存分堪能できました。
上映館少なすぎるのもったいない…。
近年あちこちで上映されていた似たようなタイトルの「1917」よりこちらの方が好みでした。
ソ連・ドイツ軍の戦車や航空機、装備等が本物であったり、当時の前線の様子が忠実に再現されている様に感じました。

12月3日公開の「ナチスバスターズ」も同じくロシア映画とのことなので楽しみです。

あなたにおすすめの記事