Tetsuya

硫黄島からの手紙のTetsuyaのレビュー・感想・評価

硫黄島からの手紙(2006年製作の映画)
3.9
「父親たちの星条旗」は硫黄島山頂に星条旗を立てた6人の米兵にスポットを当てて描いているのに対し、この「硫黄島からの手紙」は手紙というアイテムをキーに使ってはいるものの、日本兵のリアルな戦闘を通じて戦争の惨さ、愚かさを生々しく描いていた。
この2本を通して、戦争は戦時中からのちの長い年月まで様々な人々を苦悩させ、癒えることのない深い傷跡を残す人間の最も愚かな行為であるとイーストウッド監督は伝えたかったのではなかろうか。