硫黄島からの手紙の作品情報・感想・評価

硫黄島からの手紙2006年製作の映画)

LETTERS FROM IWO JIMA

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.6

「硫黄島からの手紙」に投稿された感想・評価

高校生の頃はグロさがダメで途中までしか見れなかったけど、大人になって再鑑賞。

父親たちの星条旗を見た後に見たこともあり、同じ戦いをいろんな視点で見れました。

同じ戦場にいても、背景は人それぞれ、主義や考えもそれぞれ。
自決の美学は、時代の中では分かるけど、恐ろしい…。
家族を思い、生き延びようとする人だっているさ。けど、それもなかなか叶えられない戦場。

ただ、戦いを強調したり、感動を煽る話の作りじゃなくて、考えること、感じることの多い映画だった。

ニノの演技が、普通の男の子の役を、役になりきって素で演じてる感じがして、すごくよかった。
渡辺謙は言わずもがな。
影千代

影千代の感想・評価

3.7
19156
栗田中将や西中佐は良く美化されすぎじゃないの?と思いつつも、西が死んだ米捕虜の手紙を読んで隊員が各々思いを抱く瞬間は、フィクションならではの美しいシーンだった。
役者陣の演技、悪くはないけどもうひとつ。テレビドラマっぽかったり、舞台っぽかったり、棒読みだったり。気になった。
戦争映画で一番好きかもしれない。
戦争は敵も味方もそれぞれの正義や信念がある。
どちらが片方が悪いわけでもなく、ただ殺さなきゃ殺されるから闘う。
日本人もアメリカ人も親や恋人がいる普通の人間。普通の人間を憎み殺しあうのって異常だよね、、。
戦争の残酷さを改めて実感。
テーマソング聞いただけで涙でてくる。
冒頭、渡辺謙さんの言葉が聞き取りづらくて、これが2時間以上続くのはキツいと思っていたが、終わってみるとあっという間だった。
戦争の悲惨さや、兵士達それぞれの想いが、色味を抑えた画面から鮮やかに伝わってきた。
記録
二宮演技上手い
k

kの感想・評価

4.8
リアル
現代との違いをいろいろと考えさせられる映画だった
delisa

delisaの感想・評価

3.7
無性に日本の戦争映画が見たくなって鑑賞。

確か昔学校の授業で途中までは見た気がするけどよく覚えておらず。

どうしてもジャニーズは毛嫌いしてしまう。もう少しいい人選はないのか…。なんか違う、と感じた。

こうして戦争の映画を見ると、実際こんなことが起きたなんて考えたくもない。こうして映画や祖父母の話を聞いて後世に紡いでいかなければいけない。本当に辛い。先人たちのおかげで今の日本があるのだなと感じます。

お国のためになくなった兵隊さん達みんな、家族がいて、その家族も苦しみ、敵兵も同じことが起きていて。

硫黄島での戦闘は圧倒的に日本の兵力が足りておらず太刀打ちできるような状況ではなかった。それを分かっても尚、国の為にと戦う姿は涙なしでは見られませんでした。
>|