硫黄島からの手紙の作品情報・感想・評価

硫黄島からの手紙2006年製作の映画)

Letters from Iwo Jima

上映日:2006年12月09日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「硫黄島からの手紙」に投稿された感想・評価

戦争映画の中でも上位に入るくらい好きです。二宮和也さんの演技が良かったです。
リモ

リモの感想・評価

4.0
この題材を映画に取り上げるイーストウッドの感性に心から敬意

単に第二次大戦のヒーローモノでもなく

戦った二つの国の若者の目線で見事にドラマを繋いでいる
日本が今平和なのは、激動的な戦争の時代を生きた人々あってこそだ。
理不尽な世の中、理不尽な命令、理不尽な死。一人一人の兵士達の理不尽な生き方を見ながら自分の無力さを実感した。
日本は平和でも世界全体が平和というわけではない。
太平洋戦争後も幾度も駆り出されたであろうアメリカ兵達。また、そのような状況がいろいろなところでまた繰り返されてきたのであろう。
日本にとっては昔でも、世界全体ではまだ平和を見れずにいるこの世界。
私は、戦争や戦いを繰り返しては行けないと思いながらも何もできない無力な自分を感じぜずにはいられなかった。
TurneyYang

TurneyYangの感想・評価

3.5
加瀬亮の演技にしびれた
ゆず

ゆずの感想・評価

4.0
イーストウッドの技が光る作品。
戦争の実態を圧倒的スケールで再現し、日本兵視点の心理描写を巧みに表現している。
まずアメリカ人はこの映画を見て、日本兵の実態について知る。上官の立場や米兵の兵を大切にする信念を馬鹿にし、「祖国のために命を捧げる。」という日本兵のモットーを理解。その後に祖国のアメリカ兵が硫黄島に上陸。圧倒的数と武器で上回る中、日本兵は白旗を上げることなく、命を捧げていく。敵にやられるなら自決した方がマシだ。という日本ならではの強い信念をもつ日本兵。そんな姿にどんどん感情移入していく。そんな中、投降した日本兵を米兵が撃ち殺すシーン。ここでハッとする。「彼らは私たちと同じ人間だ」と。
アメリカ人が名前もわからない日本の俳優に感情移入し、共感し、涙できるようにできている。ここは本当にうまいなと感じました。なんか情報によると海外で上映された映画館は数少ないと聞いた。これはアメリカ人のための映画。イーストウッドは前作「父親たちの星条旗」と本作。二つを作ることで立場が中立であると伝えたいのだろう。お互いが過去を忘れず、尊敬し合う。そんな思いで作ったに違いない。まあ素晴らしい作品。
記録用

父親たちの星条旗とセット
きびゅ

きびゅの感想・評価

4.0
硫黄島二部作。先に「父達の星条旗」を鑑賞済み。
この作品は驚く。
ヒーロー好きのアメリカ人がアメリカと戦った相手国を『完全悪』とは見なさずに描いているのだ。
お互い憎い敵だった。
でも、同じ人間だった。
ミーナ

ミーナの感想・評価

4.0
もうこれはニノちゃん最高よって感想しかない。

最初の出演シーンから二宮和也でてたよね

戦争映画にすこし興味を持ったのもこれがきっかけ。

映画もだけどニノのクリントとのやり取りの話も好きなんだなあ
>|