深田ポルナレフ

余命10年の深田ポルナレフのレビュー・感想・評価

余命10年(2022年製作の映画)
3.7
良い話の裏側に見え隠れする泣かせにきてる感が透けてて全然感動出来なかった。

ストーリー自体は普通に面白い。絶対に生きられない少女の闘病と苦悩をわかりやすく書きつつも、生への渇望が観てる側に感情を移入しやすい様に上手く出来てるなと感じた。

でも茉莉の性格が良心的過ぎてロボットみたい。
家族や友人に苛立ちや不安をほぼぶち撒けたりせずに、最後まで人の事ばっかり考える思考は1ミリも理解が出来なかった。それこそ泣かせに来てるなーと思う。

黒木華さん、奈緒さん、松重豊さんなど良演技俳優達で固められているので心揺れるシーンも多々あった!

〈好きなシーン〉
○闘病の反発でビールやコレステロールの高い食べ物を沢山食べるシーン。

○友人達との楽しい時間とと1人で闘病してる時間の反比例する様子。

○ビデオを消去するシーンは色々考えさせられて面白い。

難病を取り扱う映画って、実際になるわけでも身近にあまり起こる事でもないからなかなか難しい〜。

昔の自分達と似たような2人を最後に持ってくるの流行ってんの?【映画】〈花束みたいな恋をした〉みたいなん、全然好きちゃうわ!