磨

未成仏百物語 AKB48 異界への灯火寺の磨のレビュー・感想・評価

3.2
例の自宅待機の2週間はけっこうYouTube観てました。好きなスポーツなどから歴史、戦争。そして事件&事故まで…。
そこからの繋がりもあるのですが、気がついたら“大島てる物件公示サイト”(事故物件をMAPで確認できるやつ)に夢中になっておりました。
クルマで愛知県中の映画館行ってるので、県中心から南部(特にシアター周りと幹線道路)は大抵理解しているつもりです。「あそこら辺ね〜」とかニヤニヤしながら事故物件確認してました。だいぶ心が荒んでたんでしょうね(笑)

そんな大島てる氏ともコラボってる本作。評価も低いし間違いなくタルそうだけど、あれだけお世話になったので上映終了間際に観に行ってきました。

内容は、どこかのお寺で普通の百物語のようにAKBの子が体験談(伝聞?)を語りながら、自分達でドラマを演じたり大島てる氏と対談したりして蝋燭ではなくランタンみたいなものを消していくという短編集みたいなストーリー。
お馴染みAKBの衣装で列を組んでお寺に入っていく冒頭からハズレを確信したが、全くもって予想通り。未成仏というよりホラーとして中途半端な“未成立”物語ばかりで全然怖くなく、ここから盛り上がりそうなシーンでハイ終わりじゃ納得できない。
大島てるさんとの対談は、YouTubeにある松原タニシ(事故物件住みます芸人)とのチャンネルのが詳しくて面白いと思うけど、美女がドキドキしながら話聴いてる姿だけでも番組として成立しているので、これはこちらに分があると思う(笑)

それにしても今のAKBが全く分からない…。