かげぐち

死刑にいたる病のかげぐちのレビュー・感想・評価

死刑にいたる病(2022年製作の映画)
3.4
期待しすぎた。
全体的にぬるいー!
白石和彌、暴力演出はピカイチだけど精神暴力は苦手なのかしら。
演出も芝居も頑張ってはいたものの全体的に迷いがみられた。阿部サダヲは上手い。が、ただ器用に演じているだけで何か掴みきれてないもどかしさがあった。

原作がそもそも大して面白くなさそうって話はさておき、
このテーマのスケールに対してストーリーもキャラクター造形もも台詞のひとつとっても何も追いついていない。
フィクションの形で魅力的なサイコパスやマインドコントロールを描ききるには限界があるのかもしれないけれど。
こういうネタを扱う場合、観客に狂気・正気の紙一重ーな緊張感を伝播させれば上出来と言えるのだろう。しかし全く何も迫ってこない。寧ろすべて遠くに感じてシラケてしまった。