品川巻

死刑にいたる病の品川巻のレビュー・感想・評価

死刑にいたる病(2022年製作の映画)
3.8
黒沢清『CURE』ファンからすると至るところで「キタ〜〜〜」となるし、刑務官が取り込まれてるのが分かるシーンは声上げるくらいゾッとした。(ちょくちょくコントっぽい箇所は気になったw)

殺されても、殺されなくても、出会ってしまったら一生付き纏われる恐怖。厄介だと思いながらも、心のどこかで彼に気に入られたい、彼になりたいという欲求をもたらす不思議な引力を持つ男。
艶消ししたような黒目がちな瞳が昔から怖くて、たまに阿部サダヲから目を逸らしてしまったけど、怖くて逸らすことも出来ないのが被害者たちなのかもしれない。
(もう少し世代が上なら、手塚とおるもこの役が合いそう。)

雅也に手紙を送った理由などは腑に落ちたけど、シリアルキラーが特定の高校生たちをどういう過程で心を開かせたのかが少し気になった。