APACHE

ナチス・バスターズのAPACHEのレビュー・感想・評価

ナチス・バスターズ(2020年製作の映画)
3.5
【ナチス・バスターズ】感想

TSUTAYAレンタルで鑑賞🎞

1941年の冬。ソ連に侵攻したドイツ軍兵士の間で、謎のソ連狙撃兵がドイツ兵を次々と射殺しているという噂が広まっていた。ドイツ兵はその正体不明の狙撃兵を「赤い亡霊」と呼び、いつ狙撃されるか分からない恐怖に怯えるようになっていく。同じ頃、部隊とはぐれてしまった5人のソ連兵たちが無人になった村にたどり付き、休息を取ろうとしていた。そこへ敵のドイツ軍部隊が現れ、5人は捕まっている味方を救出しようと戦いを挑むが、多勢に無勢で全滅の危機に陥る。その時、どこからともなく飛来した銃弾が次々とドイツ兵を倒してゆく。その銃弾こそ、赤い亡霊が放ったものだった。

第2次世界大戦下、極寒のソ連の地を舞台に、「赤い亡霊」と呼ばれるソ連の狙撃兵とナチスドイツ軍との戦いを描いたロシア製サスペンスアクション映画。

タイトルでよくあるナチス批判のコミカルなコメディ映画かと思い込み鑑賞しましたが、戦争を舞台にした西部劇のような映画で、これ作ったのタランティーノかと思うくらい、シリアスな展開とくだらないユーモアを織り混ぜた作品。

赤い亡霊が登場する前の銃声もなく人が倒れていく描写がゴルゴ13っぽくて好きだった。

ドイツの指揮官の入浴中に戦闘が始まってから、ずっと全裸で股間がモザイクなのは一番笑えた。