EDDIE

さがすのEDDIEのレビュー・感想・評価

さがす(2022年製作の映画)
4.2
お、おもろい…貧困、尊厳死、複数の社会的テーマを孕みながらエンタメとしても成立した力作!
突如失踪した父親を“さがす”娘。父は何処へ…凶悪な殺人犯や事件との関連性は?
サスペンスミステリーであり、甘酸っぱい青春冒険譚なのも良い。

〈ポイント〉
・コミカルとシリアスを演じ分けた佐藤二朗の怪演
・時系列を操作し面白さを倍増させた脚本と演出
・細部までこだわられた小道具や美術
・娘役の伊東蒼の二面性を見せた演技
・清水尋也の恐ろしいほどの怪演
・伊東蒼と石井正太朗の中学生コンビの微笑ましい青春っぷり

〈雑感〉
配給会社アスミック・エースの招待により試写会に行ってまいりました。
最近は映画、ドラマとコミカルな演技が目立つ佐藤二朗。
そんな彼がシリアスな作品で主演ということで、かなり期待値の高かった作品です。
あと個人的に注目している若手俳優の清水尋也が指名手配犯役ということで、どんな狂いっぷりを発揮してくれるのかと楽しみにしていました。

ミステリー要素も含むため多くは語れませんが、序盤から中盤まで貧困に喘ぐ2人の仲の良い親子を描きつつ、そんな最中で父親が失踪という一連のシークエンスを見せられます。
以降、時系列を遡るなどして、父・智の心の内などを追いかけていくわけですが、場面転換から終盤への繋がりが見事すぎて空いた口が塞がりませんでした。
本当にお見事。

そして、どんな重厚な作品でも、キャラクターの魅力がないと退屈してしまうタイプなのですが、本作は主役の父・智はもちろんのこと、娘の楓、殺人犯の山内という中心人物だけでなく、楓の同級生の男の子・豊やとある事情で物語に関わってくるムクドリと個性豊かなキャラが配置されていました。
さらに、各キャラの二面性を見事に描いており、どんな人間にも裏表があることをリアルに映し出していて前のめりで見てしまいました。
私がレビューやnoteでたびたび書いている“完璧な人間はいない”ということ。だからこそ、人間は楽しいし、映画のキャラクターが不完全に描かれることが魅力的に映るわけです。

サスペンスとしても上質で、無残と呼べるほど残酷な描写も挟まれます。
なので、血とかグロ苦手な方は少し注意が必要かもしれません。

あとは青春映画としても成立している点も評価しています。
楓と豊という2人の中学生が中心になるシークエンスがあり、そこはサスペンス映画だと忘れるぐらい微笑ましい描写が挟まれます。
なんか中学生の性に対する関心とか異性に関する興味とか、その辺りを巧く描いてるなぁと。ニヤニヤして見てしまいました。

1/21公開予定。
『岬の兄妹』の片山慎三監督の長編デビュー2作目にして、商業映画デビュー作。
これからも面白い映画を撮り続けてくれるだろうという期待を更に高めてくれる作品です。
ご興味ある方は是非とも劇場でご覧ください!

〈キャスト〉
原田智(佐藤二朗)
原田楓(伊東蒼)
山内照巳(清水尋也)
ムクドリ(森田望智)
花山豊(石井正太朗)
馬渕(品川徹)
ほか

※2022年新作映画4本目
※2022年試写会鑑賞