カツセマサヒコ

さがすのカツセマサヒコのネタバレレビュー・内容・結末

さがす(2022年製作の映画)
4.1

このレビューはネタバレを含みます

試写にて。衝撃つよすぎてすぐには上手く言葉にできないですが、安楽死をテーマにした作品は数あれど、この切り口は斬新だし、心にズンと残る。死からはじまる生者の物語という意味では昨年の「空白」、今年の「さがす」って感じだ。

数々のピースがはまっていく様子は痛快とまではいかず、さすがにうまくできすぎでは?と思うところもあるけれど、西成を舞台に繰り広げられるさがし合いはおもしろかったし、最後まで何度も予想を覆されたままエンディングを迎えた。

なかなかダメージ負うから見るにも気力がいるけれど、時間が経ったらまた観たい、そう思える作品ではありました。佐藤二朗さんと伊東蒼さんだから成り立った親子劇で、ラストシーンこっちまで涙腺きたなあ…。いびつな親子だが、たしかに強い愛がある。楓は芯が強すぎるくらいで、現実味がわかないくらいだったけれど、その楓がいたからこそ救われる物語だったなあ