ピートロ

パワー・オブ・ザ・ドッグのピートロのレビュー・感想・評価

パワー・オブ・ザ・ドッグ(2021年製作の映画)
4.2
ヒューマンドラマの割にはやけにホラーやサスペンス的演出が多く、ずっと不穏な空気に包まれているのが不思議だったが、なるほどなと。
台詞による説明には一切頼らず、登場人物らの心情や生い立ちを描く丁寧なつくりにうなった。
出番が少ないがメイドのあの娘、『ラストナイト・イン・ソーホー』のトーマシン・マッケンジーだった。