アビエイターの作品情報・感想・評価

アビエイター2004年製作の映画)

THE AVIATOR

製作国:

上映時間:169分

ジャンル:

3.4

「アビエイター」に投稿された感想・評価

キチガイをやらせたら抜群にいい演技すると思いません?レオナルドディカプリオさん。
Kota

Kotaの感想・評価

3.3
“大きくなったら世界一早い飛行機に乗るんだ。”

1940年代、「地球上の富の半分を持つ男」といわれたハワード・ヒューズの伝記を、マーティン・スコセッシ×ディカプリオで映画化。難聴、極度の潔癖性、強迫性障害に悩まされながらも映画、飛行機という夢に莫大な資産を投じた彼をレオ様が熱演。

まぁ、夢に向かってお金を稼いだというよりは、お金があっから夢を叶えられたひとではあるんだけど、それでも尚さすがに映画監督と飛行機の設計を並行してやるって尋常じゃないと思う(笑)。名監督と名優で普通に見応えのある3時間だけど、ストーリー自体は映画にする程なのかなって…。墜落のシーン以外ずっと眠たぁ。

あと、この映画のケイト・ブランシェットの話し方が鼻について仕方ないのは僕だけでしょうか。
この映画だけは、主人公に自分を重ねてしまって客観的に観れない。
ディカプリオは流石の演技力で最高だったけど、伝記映画なのでモデルとなったハワードヒューズの話がそもそも映画向きじゃないと思う、、!
確かにそりゃすごい人で、なるほどこんなことがあったのかとはなったけど、そんなに山がない。
しかも169分。
正直なところ退屈だった。
ディカプリオなのに評価3.4の意味がわかった。
疲れたので休憩入れて観た。笑
シミズ

シミズの感想・評価

4.0
赤と水色を強調する前半のフィルター(?)がこのみ。
長かったから半分にわけて観た。
ケイトブランシェットのでるシーンの彩りすごいだいすき。
わたしも絶対天才でお金持ちになるから、みてて
のゆ

のゆの感想・評価

4.0
この人は自己破滅的な人間を描くのが本当に上手い。
ハワード・ヒューズの波乱万丈な人生と言うよりも、彼の病気に対する苦悩を映している。
ディカプリオの演技がすごいリアルだった。確かにこういう人いた。

ケイト・ブランシェットの演技がオーバーに見えたが、キャサリン・ヘプバーンの真似らしい

もしやと思ったが、主人公ハワード・ヒューズは、アイアンマンのモデルの人物らしい。
だから父親がハワード・スタークなのか
Asammy

Asammyの感想・評価

3.5
石油王兼ハリウッド王の話か
Ray

Rayの感想・評価

3.0
レオの演技力はここでも流石で、特に強迫神経症等のマイナスが出てるシーンや、後半の憔悴してるシーンは凄かったです。
ケイト・ブランシェットはキャラが濃くてレオの次に印象的で素敵でした。

ただ、話としては起伏があまり無いので中弛みしますし、正直もっと短くできたと思います。あまりにもダラダラしてるし長いしで、途中何度か早送りしました。
あー

あーの感想・評価

3.3
難しかった
>|