shiho

パール・ハーバーのshihoのレビュー・感想・評価

パール・ハーバー(2001年製作の映画)
3.8
パールハーバー。
時代背景は第二次大戦突入の真珠湾攻撃を舞台にした作品。戦争をテーマにその時代を生きる登場人物のラブストーリー。


アクション映画などのフィクション映画に関しては多数の殺しなども楽しんで観れる。それは映画だと分かってるから。
けど、戦争映画となるとそうはいかない。実際に起きている事である以上、完全に見方は変わるし、論理的に考えて作品を観ます。

本作品は評価が低いけど、個人的には嫌いじゃない。アメリカからの視野で描かれた作品である為、日本側からの視野だけで観てしまうとそうなるのも分かる。

戦争を繰り返さない為には、自国愛だけではなく他国への思いやりを持って共存していく事が大事だと思う。
国境を越えて同じ人間である事を理解して、尊重し、平和を願う気持ちが再び悲劇を繰り返さない為には必要である。
愛は世界を救う!!!


ヒロインが二股で嫌とゆう意見も多く聞くが、私個人としてはこの時代の状況下では仕方がなかった事だと思えました。