Sukeko

パール・ハーバーのSukekoのレビュー・感想・評価

パール・ハーバー(2001年製作の映画)
2.6
ケイト・ベッキンセイルがめちゃくちゃ美しい!恥ずかしながらこの映画で初めて知りました...

ドロドロ戦争映画。マイケルベイが作る戦争映画はこうなった。
〈大雑把な流れ〉
アメリカ陸軍航空隊の戦闘機パイロット、レイフ(ベンアフレック)とダニーは深い絆で結ばれた親友同士でともに陸軍航空隊に志願した。やがてレイフは美しい看護婦のイヴリン(ケイトベッキンセイル)と出会い、恋に落ちる。 しかし、レイフは理想と義憤を抱いてヨーロッパ戦線に参加し、イギリスの一員としてドイツ空軍と激しい戦闘を繰り広げる。
その頃、ダニーとイヴリンはハワイのパール・ハーバーに転属となる。だがその直後、二人に届けられたのはレイフの戦死の知らせだった。悲しみに沈むダニーとイヴリンはお互いを慰めあううちにやがて深い関係になってしまう。実は生き延びていたレイフはイヴリンへの想いを励みに苦労の末にアメリカへと帰国するが、二人が恋仲になっていることを知って愕然とする...。


日本軍はハワイの民家人を攻撃したという史実がないのにそういう描写があって残念だった。制作がアメリカだから仕方ないか...

ルーズベルトが真珠湾攻撃を受けて衝撃を受けるシーンは全くの作り話で本当は攻撃されことを知っていたそうです。当時の米国民を戦争させるために屈辱の日とか言って演説したんだとか。