KnightsofOdessa

ロック・ボトム・ライザーのKnightsofOdessaのレビュー・感想・評価

ロック・ボトム・ライザー(2021年製作の映画)
2.5
[ハワイ、天文台を巡るエッセイ] 50点

ベルリン映画祭エンカウンターズ部門選出作品。毎年必ず一本は含まれる難解実験映画。去年の『Orphea』がヤバかったのを考えると断然マシ。鑑賞環境の問題か音響がクソすぎて何を言ってるかほぼ聴こえなかったので、ハワイの聖地に建設予定の巨大望遠鏡と、それが引き起こした抗議活動に焦点を当てて、そこからいくつかのテーマに沿って展開していく話だなくらいしか理解できてないのが辛い。途中で立ち寄った"ヴォルケーノ"という電子タバコ屋でDOPEな音楽に乗せて煙を吐きまくる男たちの映像は面白かった。