ゴッドファーザーPART IIIの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ゴッドファーザーPART III1990年製作の映画)

THE GODFATHER: PART III

製作国:

上映時間:162分

3.9

あらすじ

「ゴッドファーザーPART III」に投稿された感想・評価

Dee

Deeの感想・評価

5.0
300作品目はこの映画に決めてた。
マイケルの報われなさが切な過ぎる。

"政治と犯罪はコインの裏表さ"
マイケルがマフィアへ変貌するような演技や、ヴィトーの過去と対比してマイケルが闇に染まっていく姿を描く引き込まれるようなものはない。
苦悩を抱えた衰えたマイケルの姿は見ていて悲しい。
PART IIより評価が下がるのは当然のこと。
アンディ・ガルシアの演技も少し物足りない。
ただ、今まで感情を出すことの無かったマイケルが息子アンソニーの歌で涙を流すシーンやラストシーンはゴッドファーザー好きなら見てほしい。
ぷ

ぷの感想・評価

-
どれも3時間近くあり、内容も難解な部分が多いけど、計9時間のうち数秒足りともだれることなくマフィアの世界を貫徹する。ほんと素晴らしいと思う。
数年前にパート2まで観たっきりでしたが今回1~3をぶっ通しで鑑賞しました。

2作目までの張り詰めたような緊張感が薄まり、ここに来て新たなキャラクターが沢山出てきたのもあり正直後半頭が追いつかない部分もありました。
また、今回話のメインの一角を担うヴィンセントとメアリーですが、ヴィンセントはソニーとマイケルを足して2で割って薄めた様なキャラクターであまり魅力的と思えず、メアリーについてはソフィア・コッポラの演技の拙さが目立ち安っぽいメロドラマみたいで白けるシーンが何度かあり…。
トムがいないのもでかかったです。

しかし、それまでの埋め合わせをするように家族愛に縋るマイケルの姿が痛々しくも切なく、ケイと昔のような関係を取り戻したところが観れて良かったです。

しばらく他の方の感想や考察や解説などを読み余韻に浸りたいと思います。
naooooo

naoooooの感想・評価

3.7
前の2作品を復習のつもりで映画館へ行く前夜見てしまい、ほぼ徹夜状態だった私は館内が暗くなると同時に深い眠りへ…
激しい銃撃の音で目が覚めた……という思い出の作品。
・1〜3全てで粛清のシーンでは必ずキリスト教の宗教儀式と一緒に描かれているけれど、この表現に対する解釈がいつ見ても纏まらなくてモヤモヤする(自分のキリスト教の知識不足もある)

・最後、娘が殺されてから、自身が愛した女性を過去に遡って回想するシーンが印象的

・ラストシーンが本をそっと閉じて終わるような終わりかた(?)で個人的にはとても綺麗だと思う

・単純にアンディガルシアの色気が半端ない
taka

takaの感想・評価

3.9
3作品で一番不評との事だけど、普通に面白かった。16年ぶりの続編という事で同窓会感が凄かった。マイケル・コルレオーネの物語の終焉。
会合にヘリコプターが奇襲を仕掛けるシーンとオペラの舞台裏で静かに繰り広げられる戦いなどが印象的だった。
tonakai

tonakaiの感想・評価

3.5
マイケルの最後はどうなるのか?最後の涙の出ない叫び。自分がしてきた事への罪。孤独。終始先が気になり終わりも良かった。
Mika

Mikaの感想・評価

4.5
おつかれマイケル。胸熱だった。ゴッドファーザー3部作、全部最高。ヴィトーの時代から変化してくコルレオーネ家色々あったけど最後しっくりきた。しぶい。
コニーあんなだったけど、今となってはたのもしすぎる。あとはソニーの息子に任せた。
2019.11.19
前作ほどの複雑さや伏線が張り巡らされてる感じはなくなり、非常に観やすかったですが、その分少し軽い印象にもなりました(それでも十分濃いですが)。
一言で言うとマイケルの贖罪と代替わりの話ですが、事を荒立てないように頑張るマイケルの姿は、パルプフィクションのジュールスの羊飼いの話を思い出させ、「頑張ってるんだな」と、ちょっと泣けてきました。
最後のメアリーはちょっとドラマ感先行のような感じがして、ありきたりな感じも若干しました。