ゴッドファーザーPART IIIの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ゴッドファーザーPART III1990年製作の映画)

THE GODFATHER: PART III

製作国:

上映時間:162分

3.9

「ゴッドファーザーPART III」に投稿された感想・評価

何回観ても最後は泣く。
ファミリーを守る為に一生懸命やって来たのに…
マイケルご苦労、良くやったよ。
と、言ってあげたい。
てぃん

てぃんの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

前作との公開期間がだいぶ空いたため続投キャストの老いが進んでいたが予想以上に見た目が変わっていたため驚きであった。

犯罪から身を引き、合法な組織構成を試みたがそれが災いしてファミリーな家の抗争を生み、結果的には悲惨な運命を遂げたマイケルであった。

家族を守ろうという気持ちは父とは共通したもののそれぞれの信念が違うあまりに違う結末を迎えてしまい皮肉な人生であったと感じる。

シリーズを総じて非常に長い作品であったが家族、仕事をテーマにマフィアを描いた中身が非常に濃いものであった。
間違いなく名作であることは同意出来る素晴らしい映画であった。
御神遊

御神遊の感想・評価

3.9
ゴッドファーザー3
コレで終わりなのか
ファミリーを思い続けた男は自分の
思いと思われていた想いの違いで
こんなにまで違うものになってしまう
前作が74年本作が90年
それがいい具合にすべてが円熟して
とても厚さのあるものになってる作品
アルパチーノの人生なのかな?
Natsumi

Natsumiの感想・評価

3.0
パート1、2の静けさと優美さはいずこへ…
メアリーの最後のシーンが興ざめ…
ヴィンセントそんな簡単に変わる…?
ただアルパチーノの哀愁漂う演技、
ドンじゃなくて父親に変わる感じがよい。
Occhi

Occhiの感想・評価

4.3
ゴッドファーザーシリーズを悲劇として完成させるための作品。やはりアル・パチーノは素晴らしい。ただ、ヴィンセントをはじめとするキャラクターの設定や、物語のプロット、伏線の張り方などでは前2作に劣る印象は否めない。ゴッドファーザー好きが前2作に感動した後に見るべき作品。
ケイのことを実は思っていた、とマイケルが本人に伝えたところで、2人の関係は改善したのかと思ったがその分ラストは哀しかった。

そういえばマイケルは甥のビンセントに、彼と同じ行動をとるように要求していた。ビンセント・コルレオーネになるためには想い人のメアリー(マイケルの娘)を諦めろと。

個人的にはマイケルが懺悔をするシーンが心に残っている。そしてヨーロッパはキリスト教に支配されていながらキリスト教の精神は皆無なんだという台詞が心に残っている。

どんなにファミリーのために命をかけようが、ファミリーのためにファミリーを殺すという矛盾と戦い続けたマイケルの哀しみを分かってくれる人は居らず、永遠に独りだったんだろうと思った。
あ

あの感想・評価

3.7
前作から20年経ったお話らしいけど、前作の不穏なラストからは考えられないくらいの成功を収めてます。ビジネスも順調で、ケイとの関係も改善しています。この空白の20年間で何があったのかw

今作は1、2作目で描かれなかったマイケルの心理描写が鮮明に映し出されているのでかなり分かりやすいです。マイケルに対してモヤモヤを感じていた人は絶対観るべきだと思います。逆に具現化せずに抽象的だから良いという人は観なくてもいい気がします。

ようは悪因悪果。1作目で泥沼に浸かり、2作目で溺れ、3作目で干上がり気付いた時には固まっていて手遅れという悲劇。

このレビューはネタバレを含みます

俺は好き。ケイとの関係、以前よりやさしくなったマイケル。

人生は物語。
ヴィトーの人生、マイケルの人生。
二人の人生は全く違う物語になった。
すばらしい映画だと思う。


トムがいなかったり、前2作と比べるとなんだか軽い雰囲気があったり、ヴィンセントの部下が無能すぎてイライラしたり不満な点はあるけど。

このレビューはネタバレを含みます

【マイケル・コルレオーネの人生の結末を描いた映画】

3部作の完結作!前2作に比べ、周りの評価は低めですが、私はかなり楽しめました!!
この作品を観たことで前2作の評価を上げたくらいです(^^)

亡きソニーを感じさせるヴィンセントやトマシーノの死の報告を受けるマイケルを見つめるケイなど前2作を感じさせるシーンが響きました!!

パーティー、シシリア、大量殺人は今作にも(^^)

一人シシリアの地で人生を終えるマイケル。悲しすぎます(>_<)
mayu

mayuの感想・評価

4.0
晩年になっても苦悩が耐えないマイケル。なぜあなたは愛され、私は恐れられるのか。ヴィンセントはソニーそっくりでファミリーを感じさせる。ラストの表情、恫喝はさすがアル・パチーノ。失った大切なものを回想してラスト、ヴィトとの対比が哀しい。泣いた。