けい

やがて海へと届くのけいのレビュー・感想・評価

やがて海へと届く(2022年製作の映画)
3.5
「私たちには、世界の片側しか見えてないと思うんだよね。」

という劇中の台詞の通り、世界の片側から見えるものを終始見せられる。それは「人」そして「生きる」ということの片側でした。

コンセプトはとても好みの映画。全編通して、余白が多い映画なので、見ながら考え事をしてしまった。余白という面ではある意味、ドライブマイカーなどと似ている。

でも、ちょっと演出が過ぎた感もある。コンセプトに幅を持たせ過ぎた結果、「あ、それも言いたいのね」となってしまう。静かで淡々とした映画なら、コンセプトを十分に絞ってほしかった。

ドライブマイカーになれなかった映画、と個人的には思う。
あと、愛がなんだの主演と同じ岸井ゆきが演じる女の子は素朴で好感が持てた。

他のユーザーの感想・評価

冴子

冴子の感想・評価

4.0
原作者の彩瀬まるさんの大ファンなのに、正直この作品はちょっと私には苦手だったのですが、岸井ゆきのさんの演技に魅了された。亡くなった友人の死をどうしても受け入れられない、ということはやっぱりあるのかなぁ。母親との関係がうまく行かないまま亡くなったとしたら、気の毒でならない。儚さを体現するには美波ちゃんは美しすぎるかな?

このレビューはネタバレを含みます

岸井ゆきのと浜辺美波が同じ画面に映ってるの不思議な感じだった
主役のどちらかを松本穂香が演じてたらどうなってたかな?と考えるシーンが多くあった。

髪短くなったすみれかわいすぎて...
真奈のことほんとに大事だったんだね
切ない

予告編では触れてない気がするけど、ドキュメンタリーぽいシーンある

後半アニメのとこちょっと怖かった。
この世界の片隅にの不発弾のシーンみたいな感じ ゾッとした

カメラがないと喋れないんだろ
ってところ好きだった

僕の姉ちゃん、直ちゃん、妻小...
杉野遥亮のことどんどん好きになる
こんなに色んなキャラできる人だったんだ。好きです。

光石研がすぐいなくなっちゃって悲しかった

木村和平〜

浜辺美波がこういう映画に出てるところをもっと見たいな〜

ところどころセリフがありきたりに感じた
Ryo

Ryoの感想・評価

3.5
エモーショナル度高めの中川監督の演出と「間」と岸井ゆきのさんの表情をじっくり味わう映画。浜辺美波さんは意外なキャスティングだったな。でも2人の良さが際立つコンビだったかもしれない。女の友情って難しいのよ。
2人の瞳に涙をたくさん溜めつつ流れない演技、切なくて素晴らしかったです。あのお部屋がよかった。

突然大切な人が居なくなってしまう痛みを現実の生活に馴染ませる過程に寄り添うしかない。岸井ゆきのさんが好きなのでよかったけど冗長に感じるかもしれない。響く人には届くと思う。
さん

さんの感想・評価

-
世界の片側しか見えていないんだよねって、すみれパートを観てると強く感じる
自殺する人の気持ちも、死んだ人の考えてたことも、どれだけ他人が考察しても討論しても結局当人にしか分からないこと
なちゃ

なちゃの感想・評価

3.7
映像がとにかく綺麗。岸井ゆきのさんの演技力がやっぱりすごいなと思わされました。自分にとって大切な人が亡くなったことをどうしても受け止めきれない真奈という役を丁寧に演じていて素敵でした。浜辺美波さんが、とても儚くて繊細な役柄に合っているなと思いました。
taku

takuの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

なにが言いたいか分からなかったという感想がけっこうある。
パンフレットにある中川監督のインタビューで以下のように語られている。

「この映画はアート映画ではないですし、難しい映画でもない。誰もが誰かに抱く憧れを描いています。その瑞々しい時間、そのきらめき自体を撮りたかった。」

実は意外にシンプルな映画なんだと思う。


大切な人が行方不明になって帰ってこなくなるなんて経験は私にはないので想像を絶する。
お母さんや遠野のようにすみれは文字通り「帰らぬ人」であり、そこで自分の人生まで止めてはいけないと考える人もいる。真奈のように2人のようには割り切れない人もいる。どちらが正しいとかではなく、人それぞれの話だ。

真奈はお母さん曰く誰にも懐かない、一見自由闊達でコミュニケーション能力が高めに見えるが、その実八方美人なだけで、誰にも本心は見せなかった。そもそも本心なんてものは見いだせなかったのだろう。お母さんに「あなたには何があるっていうの」と問われても何も言い返せなかった。

そんなすみれにとって真奈は、憧れの存在だった。気弱で引っ込み思案に見える真奈は、実は好き嫌いがはっきりしていて、やりたい事も持っている。それはまさにすみれが欲しくてたまらないものだった。
そして、真奈のそばにずっといたいというのがすみれの唯一の願いとなった。

でも、すみれはその思いを真奈に伝えることなく彼女のもとを去っていく。京都に本社がある会社に憧れていたりする真奈のもとにすみれが留まっていれば、いつか彼女の足枷になってしまうかもしれなかったから。
永遠に一緒にいられるはずもなかったから。

遠野は真奈の知らないすみれの一面も見ていた。真奈に「あなたに何が分かるの」という風に怒られていたが、確実に真奈の知らないすみれを知っていた。
実はハンディカム越しに喋るのがすみれにとってとても重要だということ。そしてすみれこそが気弱な、いたって普通の子であるということ。そして、すみれが実は遠野より真奈を大切に思っているということ。
遠野がしつこく真奈にビデオを見ろと言っていたのは、そこに真奈に見せたことのないすみれの思いが記録されているということを分かっていたからではないか。

すみれは広い海のどこかに行ってしまった。でも、すみれの唯一の願い成就する。真奈とずっと一緒にいる。真奈にとってすみれは生きているし、真奈がそう思い続ける限り、すみれはずっと真奈のそばにいる。お互いにとってかけがえのない唯一無二の存在。
F

Fの感想・評価

3.5
岸井ゆきのの映画、圧倒してた。

内容としては予告見て何となく思ってたのと全く違ったけど、とても良かった。こういう作品を見る時間も人生には必要。


エンドロール流れるの早すぎて逆に見入ってたら、製作委員会のとこに高校の時の卒論の先生が載っててびっくりした。
原作が小説なだけに感覚的にはのっとりとしてどっぷりと純文学な世界感を軸に命とは友とは人生とはをアンニュイな絶妙な演技とセリフの数々、音楽もあいまっての効果もあり引き込まれ要素があった。
静かな映画故に間延び感は否めなかったがラストに近づくにつれての巻き返しの場面が連続したのはOKラインだったから大目に見ての評価🙆🏻‍♂️。
てか俺が一番推したいのはエキストラの方達の迫真の演技。これは凄かったよ。息を飲んだよ。驚いたよ。メッセージ性の塊で久しぶりに目が離せない数分間が味わえたよ👈。

今回の作品を通じて俺は性別が男だから男の友情しか知らなかったけど女の友情も雰囲気は変わらずの共同なんだなと知れた。そして少し安心する感覚もあった。
そして我ながら予備知識無しで鑑賞した事も相まって改めて3.11東日本の大震災を色んな見解の仕方で観て考えれたのは良かった。
そしてそして浜辺美波は尚、良かった…🫡。
観念的で雰囲気に流された台詞がやたら多い印象はある。

ポスターに描かれてる通り、いわゆる"百合"的な世界も描かれるし、そこを撮りたい監督の心情も伝わってくるのだが、浜辺美波が行方不明になった理由が東日本大震災と絡んでくるだけにこちらも観ている背筋がピンとなる。

岸井ゆきのの情感を感じさせるややスタティックなお芝居に浜辺美波が上手くリードさせられて、女性同士物としてはかなり良い部類に入ると思う。

光石研演じる店長の台詞、「もはや何が好みか分からなくなってきた」とかこんなニュアンスだったと思うが、あれは共感しますね。この後の展開は驚きよりも納得もしてしまう自分が少し怖いが。
yumeno

yumenoの感想・評価

3.6
難しかった。
人によって感じ方が変わりそう。私は切なく感じた。
世界の片隅しか見れてない、ほんの少しの側面しか見えてない。
「やがて海へと届く」の感想・評価を全て見る

けいさんが書いた他の作品のレビュー

怪物(2023年製作の映画)

4.2

最後のシーンの美しさにやられました。映像が綺麗なだけで泣けてしまった。

人と人の、世界の違い。それを理解することの難しさが描かれた今作。

誰の言い分もわかるし、見えない事実から推測するとミスリード
>>続きを読む

最後まで行く(2023年製作の映画)

3.9

ハラハラドキドキしっぱなし。
韓国作品のリメイクと聞いて納得。細かいところで「それ、後で大変じゃない?」って違和感とかはぶっ飛ばしていく爽快感。
韓国映画と邦画の良い感じのミックスと感じた。

最後ま
>>続きを読む

ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー(2023年製作の映画)

3.7

マリオ、お前のリアルはそんな感じなのか、、、。

あのゲームの世界はマリオの日常じゃなかった、というのが1番衝撃だった。笑

ゲームの世界を存分に堪能したし、90分程度で非常に観やすい。
個人的な好み
>>続きを読む

ラヂオの時間(1997年製作の映画)

4.0

何年経ってもみれる名作です。
久々に観ました!

ラジオ番組のスタジオというとても狭い空間で繰り広げられる喜劇。

西村雅彦の言葉が社会人になると刺さるんですよね。

コンフィデンスマンJP 英雄編(2022年製作の映画)

3.9

相変わらず安心して観られるシリーズです。
今作は、ネタはシンプルで各キャラへ丁寧に焦点を当てていて、観ていて飽きない。変に話を広げすぎないことで、ストーリーがイキイキしてた。
また、所々に意外なキャス
>>続きを読む

わたしの幸せな結婚(2023年製作の映画)

3.5

惜しい、ようなそうでもないような。
世界観にイマイチ入りこめない上に、ストーリー展開についていけず、途中で少しポカーンとしたのは私です。

場面場面では心にグッときそうな何かはあるものの、どうも演出や
>>続きを読む