けい

やがて海へと届くのけいのレビュー・感想・評価

やがて海へと届く(2022年製作の映画)
3.5
「私たちには、世界の片側しか見えてないと思うんだよね。」

という劇中の台詞の通り、世界の片側から見えるものを終始見せられる。それは「人」そして「生きる」ということの片側でした。

コンセプトはとても好みの映画。全編通して、余白が多い映画なので、見ながら考え事をしてしまった。余白という面ではある意味、ドライブマイカーなどと似ている。

でも、ちょっと演出が過ぎた感もある。コンセプトに幅を持たせ過ぎた結果、「あ、それも言いたいのね」となってしまう。静かで淡々とした映画なら、コンセプトを十分に絞ってほしかった。

ドライブマイカーになれなかった映画、と個人的には思う。
あと、愛がなんだの主演と同じ岸井ゆきが演じる女の子は素朴で好感が持てた。