りな

カッコーの巣の上でのりなのレビュー・感想・評価

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)
3.5
うーん、新年早々に重い映画を見てしまった(^_^;)

この映画をみて強く心を動かされたりはしなかったれど、鑑賞後に時代背景などを調べてみると本当に考えさせられます…。

マクマーフィーに施されたような治療が患者の同意なしに行われてたのが当たり前の時代があったと思うと陳腐な言葉ですが、悲しいですね…。

現代でインフォームドコンセントという言葉が存在したり、尊厳死が認められていたりするのは、この作品が彼のような人々がたくさんいた事が世に知らせて、人間の尊厳についての意識を高めるのに少なからず貢献したお陰かもしれないな〜と考えたりしました。