梅村

カッコーの巣の上での梅村のレビュー・感想・評価

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)
4.8
クレイジーな人間はいる。クレイジーなところをみんな持ってる。クレイジーであるということは、良いことでもなく悪いことでもない。ただの事実。婦長も病院の職員も入院患者も悪ではない。みんなクレイジー。婦長を悪者と思う人がいるようたけど、クレイジーなくらい正しくあろうとしてたんだとおもう。

病院側が主人公に対して「誰か彼をよく理解し良い方向に導いてあげられないものか、、」みたいなセリフがあったけど、そんな相手、誰だって居たら良いと思ってるわ!

すてきなクレイジーたち、みんなに幸あれ、という気持ちで見てた。
最後まで衝撃的で良い映画だった。